噛みつきに頭突き、仲間割れの取っ組み合いも… サッカー界「衝撃的瞬間」を英紙特集

サッカー界「衝撃的瞬間」に選ばれた(左から)スアレス、キーン、ジダン【写真:Getty Images】
サッカー界「衝撃的瞬間」に選ばれた(左から)スアレス、キーン、ジダン【写真:Getty Images】

カントナ氏のカンフーキックから25年…大事件を振り返る

 マンチェスター・ユナイテッドの英雄である元フランス代表MFエリック・カントナ氏といえば、その活躍とは別にサポーターに対してカンフーキックを見舞わせた“事件が”有名だ。25日でその事件からちょうど25年の月日が流れた。英紙「ミラー」ではそれにちなみ、この25年間で起きたサッカー界の「衝撃的瞬間」を7つ特集している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 カントナ氏のカンフーキックは今も語り継がれる一つの伝説だ。1995年に行なわれたクリスタル・パレスとのアウェーゲームでレッドカードを受けた同氏はスタンドにいたファンの一人に飛び蹴りを食らわし、8カ月間の出場停止処分を受けた。後にカントナ氏は「最高の瞬間? 素晴らしいときはいくつもあるが、一つ選ぶとすればフーリガンを蹴ったときだ」とこの事件をキャリア最高の瞬間として振り返っている。

 英紙「ミラー」は「エリック・カントナのカンフーキックからこの25年、フットボールの7つのショッキングな瞬間」と題して、カンフーキック級に衝撃を与えた事件を紹介している。

 まず初めに紹介されたのは2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)で起きたウルグアイ代表FWルイス・スアレスの噛みつきだ。イタリア代表との試合で、対戦相手のイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニの肩に噛み付いたプレーは全世界に生中継され、大きな波紋を読んだ。スアレスには4カ月間の活動禁止処分が下された。

 2つ目もW杯でのワンシーンだ。それが2006年ドイツ大会決勝で起きた、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンのヘッドバットだ。マッチアップした元イタリア代表DFマルコ・マテラッツィの胸に頭突きを見舞い、ジダンは退場処分に。この大会を最後に、現役引退を表明していた英雄にとってはこれが現役ラストマッチ、ラストプレーとなった。

 3つ目は元イタリア代表FWパオロ・ディ・カーニオとポール・アルコック主審のトラブルだ。1998年のアーセナル戦でディ・カーニオは退場を宣告されると、アルコック主審を突き倒した。この蛮行で後に11試合の出場停止処分を下された。

 4つ目はニューカッスルのリー・ボウヤーとキーロン・ダイアーによる世紀の仲間割れ事件だ。2005年に行なわれたプレミアリーグのアストン・ビラ戦でチームメート同士の2人は取っ組み合いの大げんかを繰り広げ、ダイアーが3試合、ボウヤーが4試合の出場停止処分を受ける前代未聞の珍事となった。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」