アントワープ三好康児、負傷から復帰間近と現地紙報道 指揮官も歓迎「とても嬉しい」

アントワープMF三好康児【写真:Getty Images】
アントワープMF三好康児【写真:Getty Images】

昨年11月から足首の負傷で離脱中 練習には復帰…間もなくメンバー入りか

 ベルギー1部アントワープのMF三好康児は昨年11月に負傷離脱し、公式戦の欠場が続いている。しかし、徐々に復帰へと近付いているようだ。ベルギー紙は「良いニュース」として、三好がチームトレーニングに復帰したことを伝えている。

 三好は昨夏、保有権を所持する川崎フロンターレからアントワープに期限付き移籍。デビュー戦となったリーグ戦第7節アンデルレヒト戦(2-1)では決勝点を奪い、上々のスタートを切った。その後は主に途中出場を続け、11月には2戦連続の先発も経験したが、足首の負傷で戦線離脱。2020年最初の公式戦となった現地時間19日の第22節セルクル・ブルージュ戦(2-1)も欠場していた。

 そんななか、ベルギーの地元紙「ガゼット・ヴァン・アントウェルペン」は「アントワープに良いニュース」として、三好の練習復帰を報道。また、ベルギー紙「HLN」は「ミヨシはこの2カ月で初めてチームとともにトレーニングを消化した。すでに負傷の影響はなく、間もなくメンバー入りができるだろう」と報じ、ラースロー・ベロニ監督の「彼の復帰はとても嬉しい」というコメントを伝えている。

 負傷中の影響で公式戦8試合を欠場している三好。昨夏の南米選手権(コパ・アメリカ)には日本代表として参戦し、東京五輪世代の主力としても期待される男が、間もなくピッチ上に戻ってきそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング