「GKはどこへ?」 珍ハプニングの“バナナFK弾”反響拡大「史上最高の風ゴール」

“バナナFK”に反響が拡大している(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
“バナナFK”に反響が拡大している(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

イングランド6部のブライス・スパルタンズFWの一撃が強風に流されてゴール

 ナショナルリーグ・ノース(イングランド6部相当)で衝撃の“バナナFK”が生まれ、ファンからも驚きの声が上がっている。ブライス・スパルタンズAFCが12日のリーグ第26節カーゾン・アッシュトン戦で2-1と勝利したなか、「史上最高の風ゴール」に「ワールドクラス」「GKはどこへ?」と反響が広がっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ブライス・スパルタンズが本拠地でカーゾン・アッシュトンと対戦。後半15分に先制ゴールを奪われたものの、直後の同19分にブライス・スパルタンズが敵陣でFKを獲得する。相手ゴールまで約30メートルの位置から35歳FWロビー・デールが右足を振り抜くと、上空に上がったボールがエリア中央へ送られた。

 エリア内で両軍の競り合いになるかと思われたが、強風に煽られたゴールが想像以上に伸び、わずかに前へ出た相手GKも目測を誤る事態。慌てて下がったGKだが間に合わず、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。

 デールが2点目も決めて2-1と勝利したブライス・スパルタンズが公式ツイッターでFK弾の映像を公開。「彼の最初のゴールは風がアシスト」「史上最高の風ゴール」と絶賛すると、コメント欄ではファンから「ワオ」「よくやった」「ワールドクラス」「GKはどこへ?」と様々な声が上がっている。

 海外メディアも「クレイジー」と評した珍ハプニング弾に驚きが広がっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング