西野朗監督、タイの“国民性”を包み込む指導で8強入り 東京五輪切符まであと2勝

タイ代表を率いる西野朗監督【写真:Getty Images】
タイ代表を率いる西野朗監督【写真:Getty Images】

【現場発】西野監督率いるタイはA組2位通過で18日に準々決勝

 西野朗監督率いるU-23タイ代表は18日、地元で開催されているU-23アジア選手権で準々決勝サウジアラビア戦を迎える。14日、イラクとのグループリーグ(GL)第3戦を1-1で引き分け、2位で史上初のGL突破を決めた。第1戦バーレーン戦(5-0)、第2戦オーストラリア戦(1-2)からメンバーを大幅に入れ替えて臨み、GL突破が懸かる第3戦は大胆なターンオーバー。総力戦でベスト8をつかみ取り、東京五輪切符まであと2勝と迫った。

 14日のイラク戦。地鳴りするような1万5000人以上の大歓声がバンコクの夜空に響き渡った。スタンドには涙を流して喜ぶ人の姿も。歴史的なGL突破に西野監督は会見場へ自ら拍手して入ってきた。「コップンカップ」。タイ語の「ありがとうございます」を披露し、まずは大きな一歩を喜んだ。

 初戦のバーレーン戦。約7000人の観衆が詰めかけた。結果は90分間相手を圧倒し続け、ゴールラッシュの5-0。次のオーストラリア戦は土曜日ということもあって観客は2万2000人を超えた。

 今大会中、バンコクでは街中のあらゆるテレビでサッカーが映し出されている。スポーツバーだけではなく、スーパーや個人商店、ホテルのロビー。タイのスポーツ新聞の一面はサッカーが飾っている。タクシーの運転手には、こちらが日本人だと分かると「アキラ・ニシノ! ナイスコーチ!」と笑顔で声を掛けられ、中心地のビルの大型ビジョンには今大会のCMが流れる。中国で開催された前回大会、4年前のリオデジャネイロ最終予選を兼ねたカタール大会も取材したが、U-23アジア選手権でこの盛り上がりは見たことがなかった。

 タイのサッカー界ではこれまでも日本人が指導することがあった。現在も、鹿島アントラーズや大宮アルディージャで指揮を執った石井正忠監督がタイ1部サムットプラーカーン・シティを率いている。そのなかでもやはり“国民性”の違いは出てくる。同国サッカー協会関係者によると、「タイは年中暑いので、(タイ人は)何をやるにもなかなかスイッチを入れられない。リーグでは特に試合においてプレー自体が間延びしてしまう」という。

 “微笑みの国”と呼ばれるタイ。おおらかなで優しい性格の一方で練習に遅刻しても気にしないこともあるようだ。そんななか、西野監督はタイの国民性も受け入れたうえで、“スイッチ”を入れられるように指示を送っている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」