森保監督、惨敗に終わった大会の“マネジメント力”に迫る ピッチ内外の舞台裏とは

今大会の森保監督が行った“マネジメント力”に迫る【写真:Getty Images】
今大会の森保監督が行った“マネジメント力”に迫る【写真:Getty Images】

U-23アジア選手権は2連敗で史上初めて決勝トーナメント進出を逃す

 森保一監督率いるU-23日本代表は12日、タイで開催されているU-23アジア選手権のグループリーグ第2戦シリア戦に1-2で敗れ、敗退が決定。第1戦のサウジアラビア戦(1-2)に続いて2連敗となり、同大会史上初めて決勝トーナメントに進出できなかった。五輪代表を昨年11月から3カ月連続で指揮を執った森保監督。連敗が起こってしまった“マネジメント力”の舞台裏に迫る。

 バンコクの夜空にシリアの歓喜の声が響き渡る横で、日本の選手は膝をついた。初戦のサウジアラビア戦に続いて終盤に失点を喫し、屈辱的な2連敗でグループリーグ敗退が決定した。

 敗れれば敗退が決まる崖っぷちで迎えたシリア戦。序盤からいきなり苦境に立たされた。前半5分、ペナルティーエリア内で相手選手に対し、DF町田浩樹(鹿島アントラーズ)が遅れて蹴ってしまい、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定。これによってPKを献上し、同9分に先制点を許した。

 対する日本は同30分、左サイドからカットインしてミドルシュートを放ったMF相馬勇紀(名古屋グランパス)が、相手DFに弾かれてこぼれたボールを拾って再びシュート。この強烈な一発がニアサイドを破ってゴールに吸い込まれ、1-1の同点に追いついた。後半は膠着した状況が続くなか、試合終盤にカウンターを受け、失点。2戦連続して終盤の失点で敗れ、ショッキングなグループリーグ敗退となった。

 昨年11月、広島で行われた国際親善試合コロンビア戦(0-2)で1年3カ月ぶりに同代表の指揮を執った森保監督。今大会帯同したことにより11月、12月の国際親善試合ジャマイカ戦(9-0)に続いて3カ月連続で指揮を執ることとなった。

 コロンビア戦は国際Aマッチウィークであったため、A代表のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選を終えてから、試合前日に合流。MF堂安律(PSV)とMF久保建英(マジョルカ)を同時起用したものの、連係不足は解消できず、惨敗に終わった。

 昨年12月。長崎で行われたジャマイカ戦では、危機感を覚えた主将のMF中山雄太(PECズウォレ)が合宿中に何度も選手を集め、“選手ミーティング”を開いた。3カ月ぶりに招集されたMF安部裕葵(バルセロナ)も、音頭を取って前線の選手を呼び、守備の仕方などを伝えた。試合に臨む姿勢として、11月の反省を生かして12月に行動へ移した。この“過程”は中山ら一部選手が“変わった”ため、作り出されたものだった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」