田中碧退場のU-23日本代表、大会未勝利で終了 エース小川が先制弾も…齊藤がPK献上

先制ゴールを決めたFW小川航基【写真:Getty Images】
先制ゴールを決めたFW小川航基【写真:Getty Images】

前半アディショナルタイム、田中碧のタックルがVARの末にレッドカードとなって劣勢

 森保一監督率いるU-23日本代表は現地時間15日、タイで開催されているU-23アジア選手権のグループリーグ最終戦でカタール代表と対戦。前半に退場者を出す苦しいゲームは1-1の引き分けで終わり、未勝利での敗退という事態になった。

 すでに2連敗で屈辱のグループリーグ敗退が決まった日本は、この日も3バックシステムを採用。2戦連続で右ウイングバックを務めたDF橋岡大樹が最終ラインに下がり、第2戦シリア戦でゴールを決めたMF相馬勇紀が橋岡のいた位置で起用された。前線にはFW小川航基が1トップに入り、MF食野亮太郎とMF旗手怜央が2シャドーを組んだ。

 東京五輪のアジア予選も兼ねているなか、勝利が突破への絶対条件であるカタールに対し、日本はボール保持率の高い状態で試合を進めた。日本が2戦連続失点しているカウンターを狙うようなカタールの出方に、最終ラインを崩しきれないまま進んだが、前半21分には右サイドからのクロスにファーサイドへ走り込んだMF杉岡大暉が左足で際どいボレーを放ち、サイド攻撃からチャンスをつかんだ。

 しかし、その見つけた糸口を継続させることはできず。前半35分にクロスをファーサイドで折り返したチャンスも旗手がゴール前でシュートを空振りしてしまった。ボールを動かすスピードが上がらない日本は、カタールの守備ブロックを慌てさせるようなプレーが出せず。そして、このまま前半が終わろうかというところで、中盤の競り合いで足の裏を使ってボールを保持にいったMF田中碧のプレーが、相手を踏みつけるプレーとして見られた。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言があり主審が映像を確認するとレッドカードが提示されて退場処分に。このまま0-0で前半を終えたが、後半の日本は10人での戦いを強いられた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」