U-23代表FW上田綺世、“背水の陣”シリア戦で先発濃厚 「逆にチャンスに変えたい」

FW上田綺世が先発出場でチームを勝利に導けるか(写真はE-1選手権のもの)【写真:Getty Images】
FW上田綺世が先発出場でチームを勝利に導けるか(写真はE-1選手権のもの)【写真:Getty Images】

シリア戦で敗れればグループリーグ敗退が決定…「僕らができないことはない」

 タイで開催中のU-23アジア選手権に参加している森保一監督率いるU-23日本代表は11日、敗れればグループリーグ敗退となるシリア戦(12日)に向けて前日練習を行った。東京五輪イヤーの初陣となったサウジアラビア戦(9日)は、試合終盤に勝ち越し点を許して1-2で敗戦。第2戦となるシリア戦は“崖っぷち”の状態で臨む。先発出場が濃厚なFW上田綺世(鹿島アントラーズ)は、救世主となることを誓った。

 上田は力強かった。サウジアラビア戦では1トップとして途中出場。だが、課題は残った。攻撃陣としては1点を追う後半11分、左サイドでボールを受けたMF食野亮太郎(ハーツ)が仕掛け、中央へ切り込んでからの右足での強烈なシュートがゴールに突き刺さった1点のみ。終盤に最終ラインでのバックパスのミスからPKを献上し、勝ち越し点を許してしまった。守備陣のミスは目立ったが、チャンスメイクしながらも決め切ることができず、攻撃陣としても悔しい結果となった。

 シリア戦に敗れれば、グループリーグ敗退が決まる。先発出場の可能性が高い上田は、サイズのある中東の難敵に対して「やれる自信は?」と聞かれて短く答えた。

「もちろん」

 会場はサウジアラビア戦と同じタマサートスタジアム。芝が長く、ピッチも柔らかい。アジアならではの条件に最初は苦労した。だが、それさえも逆手に取るつもりだ。

「やりやすくはないですけど、もちろん。でも、それは相手も一緒かなと思う。ボールの転がりも悪いですし、下が柔らかかったりとか、疲労が溜まるピッチでもある。でも悪条件は相手も感じていることなので、僕らができないことはないと思いますし、逆にチャンスに変えたい」

 1トップに期待されることは“ゴール”。ここで決めれば、東京五輪本番へのアピールにも成功する。今こそ、この舞台で上田が輝く時だ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」