「もっとゴールに向かって…」 U-23代表MF旗手怜央、“崖っぷち”シリア戦で挽回誓う

サウジアラビア戦でスタメン出場したMF旗手怜央【写真:Getty Images】
サウジアラビア戦でスタメン出場したMF旗手怜央【写真:Getty Images】

シリア戦で敗れればグループリーグ敗退が決定

 タイで開催中のU-23アジア選手権に参加している森保一監督率いる日本代表は11日、敗れればグループリーグ敗退となるシリア戦(12日)に向けて前日練習を行った。東京五輪イヤーの初陣となったサウジアラビア戦(9日)は、試合終盤に勝ち越し点を許して1-2で敗戦。第2戦となるシリア戦は“崖っぷち”の状態で臨む。前回先発したMF旗手怜央(順天堂大)は、改善点を挙げて切り替えを強調した。

 旗手の表情は引き締まっていた。右シャドーで先発出場したサウジアラビア戦では、なかなかゴールに絡めず無得点。攻撃陣としては1点を追う後半11分、左サイドでボールを受けたMF食野亮太郎(ハーツ)が仕掛けて、中央へ切り込んだ右足での強烈なシュートがゴールに突き刺さった1点のみで終わった。しかし、終盤にバックパスのミスからPKを献上。守備陣のミスは目立ったが、チャンスメイクしながらも決め切ることができず、攻撃陣としても課題が残った。旗手もそう感じていた。

「距離とかは悪かった。でも、悪いと言っていても、いい時間帯があれば悪い時間帯もある。そこは臨機応変にしっかり柔軟に対応していきたい。ボールをもらわない時の動きもそうだけど、やっぱりもらってからが勝負をする時だと思う。その時にしっかりもらえるように準備したい。ボールを持つ前の準備をしっかりしたい」

 敗れればグループリーグ敗退。旗手が出場した右シャドーは一番の激戦区だ。MF堂安律(PSV)やMF三好康児(アントワープ)らA代表経験者が候補として挙がる。そのなかで、今大会に参加している旗手自身、やはりまだ納得はしていない。

「やっぱりゴールという部分はまず求められていると思うし、まずは枠に入れることが大事だと思うので、まずは枠に入れること。あとは受けてターンすることはできていたけど、やっぱりもっとゴールに向かってプレーすることが大事だと思う。そこにこだわってやればいいと思う」

 シリア戦では途中出場の可能性が浮上しているが、チャンスを決め切ることができるのか。“大学生”として臨む今大会。旗手のプレーに注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」