「自分もいるんだと…」 青森山田“3年生FW”田中の矜持「決勝でもそういう存在になりたい」

青森山田FW田中翔太【写真:Noriko NAGANO】
青森山田FW田中翔太【写真:Noriko NAGANO】

帝京長岡との準決勝で先制点のFW田中翔太 決勝でもチームを勝たせるゴールに意欲

 青森山田(青森)のFW田中翔太は、11日の第98回全国高校サッカー選手権の準決勝、帝京長岡(新潟)戦で貴重な先制ゴール。2人のJ1内定者を抱えるチームの中で、3年生ストライカーは「自分もいるんだと見せたい」という矜持を見せつけた。

 全体的に帝京長岡にボール支配を許したなかで迎えた前半16分だった。青森山田は横浜FC内定のMF古宿理久がボールをキープするとスルーパス。そこに走り込んだDF内田陽介がクロスを上げると、田中は相手から離れる方向に下がりながらのヘディングという難しいシュートをゴール枠内に抑え込んで見事な先制点を決めた。

 そして、後半2分には攻め込まれたところからのロングボールを右サイドで田中がキープすると、浦和レッズ内定のMF武田英寿がフォロー。そこに走り込んだ古宿がゴール前に入れたボールがこぼれ、1年生ボランチのMF松木玖生が蹴り込んだ。こうした武田や古宿、1年生として注目を浴びる松木という存在がいるなかで、田中は2回戦と3回戦でも得点を奪っている。その時に話していた思いが「ヒデ(武田)やリク(古宿)が注目されるのは分かっていますけど、自分もいるんだと見せたい」というものだった。

 その思いが宿ったようなゴールに、田中は「勝負強さはあるほうだと思っているので」と、プライドをのぞかせる。そして「FWとして自分のゴールでチームを勝たせられたのは嬉しいです。決勝でも、そういう存在になりたい」と力を込めた。

 卒業後は大学でサッカーを続けるという田中に、高校最後の大舞台で主役を譲る気はない。13日の決勝戦において、タレント揃いのチームのなかで3年生ストライカーの見せる意地が、連覇へのカギになるとも言えそうだ。

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング