Jリーガー都倉賢、袴姿&ボサボサ頭の“坂本龍馬風ショット”を投稿 「そんな事を考えて…」

セレッソ大阪FW都倉賢【写真:Noriko NAGANO】
セレッソ大阪FW都倉賢【写真:Noriko NAGANO】

全治8カ月の大怪我から復活を期す2020年、坂本龍馬の名言をツイート

 セレッソ大阪のFW都倉賢が公式ツイッターを更新。歴史上の偉人・坂本龍馬の名言を引用するとともに、羽織&袴姿の“なりきりショット”を投稿し、強烈なインパクトを残している。

 都倉は2019年、5シーズンを過ごした北海道コンサドーレ札幌からC大阪へ移籍。リーグ戦11試合1得点を挙げていたが、昨年5月のJ1リーグ第11節横浜F・マリノス戦で右膝の前十字靭帯と外側半月板を損傷する全治8カ月の重傷を負い、そのまま残りのシーズンを全休した。

 2020年は復活を期すシーズンとなるなか、6日に自身のツイッターに坂本龍馬の名言を書き込んだ。

「“丸くとも 一かどあれや人心 あまりまろきは ころびやすきぞ“ 坂本龍馬」

 綴られた言葉は、「人の心持ちは温厚なだけではなくて、なにかしら譲れない部分を持っていよう。あまりに他人に合わせすぎるようだと、かえって困難を生みやすいものだ」といった旨の内容。何に関してかは言及されていないが、都倉は「そんな事を考えて申候」と続けており、何かしら思うことがあるようだ。

 投稿では、坂本龍馬を真似るように、紋付の羽織に袴姿、ボサボサの髪の毛を披露しており、強烈なインパクトを残している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング