「コロンビア戦がきっかけ」 U-22代表を変貌させた“A代表流”ミーティングと“バルサ流”プレス

ジャマイカ戦のU-22日本代表先発メンバー【写真:Getty Images】
ジャマイカ戦のU-22日本代表先発メンバー【写真:Getty Images】

完敗したコロンビア戦の“勉強代”を払うため、主将の中山が選手間ミーティングを開催

 森保一監督率いるU-22日本代表は28日、トランス・コスモススタジアム長崎でU-22ジャマイカ代表と対戦し、9-0の大勝を収めた。交代選手も含めて前線に入った全6人がゴールをマーク。11月の国際親善試合コロンビア戦(広島)では0-2で完敗したが、連動した守備から素早い攻撃へとつなげ、終始相手を圧倒した。1カ月で見事な“変貌”。試合後に出た選手の証言から実現できた理由を探る。

 来年に東京五輪を控え、2019年のラストゲーム。気温6度のなか、試合は開始直後から熱さを増した。前半5分にキャプテンマークを巻いたDF中山雄太(ズウォレ)が直接FK弾を叩き込むと、日本の攻撃は一気に活性化。バルセロナBでプレーするMF安部裕葵や、1トップに入ったFW前田大然(マリティモ)、2得点のMF旗手怜央(順天堂大)に加え、途中交代の前線3人もゴールを決め、最後は9得点の大勝で締めくくった。

 何より光ったのが前線からのプレスだ。前の3人は積極的にプレスをかけて、取り切れなくても素早い切り替えで後ろから追った。そして、相手へ前線に運ばれる前に奪い返し、ショートカウンターで再び好機へ。豊富な運動量による献身的な守備で終始ペースを握る圧倒的な戦いぶりだった。

 1カ月前、広島でのコロンビア戦ではA代表のMF堂安律(PSV)やMF久保建英(マジョルカ)を招集。初めて五輪代表との融合を図ったが、連係面を含めて手探り状態だった。A代表と兼任で指揮を執っていた森保監督が五輪代表の練習を見ることができたのは1日だけ。監督自ら戦術を深める時間はなく、本大会へ不安が残った。

 だが、その不安を払拭しようと選手が動いた。今回の合宿ではメンバーが大きく変わったためコロンビア戦に先発出場したのは中山とDF岩田智輝(大分)だけ。まず主将の中山が立ち上がり、選手ミーティングを開いた。そして、6月のコパ・アメリカ(南米選手権)などでA代表に招集された経験を生かして五輪代表で足りない“甘さ”を指摘した。

「自分の思っていることを遠慮せずに言い合うことを伝えた。その意識から習慣を付けたい。でも、これはコロンビア戦の敗戦から考えたのがきっかけで、僕は幸いA代表の活動に何回か参加させてもらって、A代表の選手はそれ(言い合うこと)が当たり前になっていたので、まず始めようと」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」