帰国中の乾貴士、「いつものメンバーでご飯」 C大阪時代の同僚と食事会「安定の楽しさ」

エイバルMF乾貴士が帰国してC大阪時代の仲間と食事会を開催【写真:Getty Images】
エイバルMF乾貴士が帰国してC大阪時代の仲間と食事会を開催【写真:Getty Images】

リーグ中断期間に一時帰国 C大阪時代の仲間と会食した様子をSNSに投稿

 スペイン1部エイバルに所属するMF乾貴士が27日、自身の公式インスタグラムを更新した。セレッソ大阪時代の元同僚らと食事会を開催し、「何日か前にいつものメンバーでご飯食べたよー」と投稿。中断期間を利用して一時帰国している31歳は、束の間のオフを楽しんでいるようだ。

 2007年に野洲高校から横浜F・マリノスへ加入した乾は、翌08年にC大阪へ期限付き移籍。09年からは完全移籍して主力として活躍し、ドイツ2部ボーフムへ加入する11年途中まで在籍した。今季からはエイバルへ復帰し、現地時間20日の第18節グラナダ戦で復帰後初ゴールをマーク。3-0の勝利に貢献し、中断期間を迎えた。

 束の間のオフを過ごしている乾は、自身のSNSを更新。「何日か前にいつものメンバーでご飯食べたよー」と綴り、C大阪のMF丸橋祐介や今季限りで引退を発表したDF藤本康太、来季から川崎フロンターレへ加入するGK丹野研太、15年にC大阪入りして来季は愛媛FCに所属するDF池田樹雷人らと食事会を開催した様子を投稿した。乾は「安定の楽しさ」とし、「このメンバー大好きやから、また集まりたいなぁ」と胸の内を明かしている。

 ファンからの反響も大きく、「良いね」「凄いメンバー!楽しかったんやろなー」「充実した束の間の休日でしたね」「素敵な時間だったんですね!」とコメントが並んだ。年明けの1月4日にはアウェーのバレンシア戦を控えるため、短い息抜きとなるが、仲間からの刺激は来年への活力になるはずだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド