横浜FC内定MF瀬古樹、“歴史に名を刻む”優勝に感慨 「感謝を伝えたいと思っていた」

桐蔭横浜大との決勝で3点目をアシストしたMF瀬古【写真:Football ZONE web】
桐蔭横浜大との決勝で3点目をアシストしたMF瀬古【写真:Football ZONE web】

明治大が10年ぶり3回目のインカレ優勝 MF瀬古は3点目アシストなど勝利に貢献

 明治大は22日、インカレ(全日本大学サッカー選手権)決勝で桐蔭横浜大を延長戦の末に3-1で破り、10年ぶり3回目の大学日本一に輝いた。試合を決定付ける3点目をアシストしたMF瀬古樹(横浜FC内定)は、「自分たちが明治の歴史を変えられて良かった」と振り返り、大学への感謝の思いを語っている。

 明治大は総理大臣杯、関東大学サッカーリーグ1部を制して、関東地区第1代表としてインカレに2回戦から参戦。中京大、筑波大、関西学院大を下して決勝に駒を進めた。桐蔭横浜大との決勝では90分を終えて0-0で延長戦に突入。延長前半2分にセットプレーから先制点を奪われたものの、同6分に同点とすると、同8分には逆転弾を記録。さらに延長後半7分にも追加点を挙げ、3-1で今季のタイトル“総なめ”を達成した。

 ボランチとして先発フル出場した瀬古は、難しい試合展開も跳ね返して勝利を収めた試合後、充実感とともに次のように振り返っている。

「延長前半まで桐蔭さんも我慢してきて、決勝にふさわしい試合だったなというのが素直な気持ちです。先に失点してスイッチが入ったというか、まだ詰めが甘いとは最後に思ったんですけど、僕たちの力を信じて、あそこから3点取り返せた。自分たちが明治の歴史を変えられて良かったなと思っています」

 この試合の明治大は120分の大半を優勢に進めていたが、その中心には瀬古がいた。誰よりも多くボールに関わり、桐蔭横浜大のプレッシャーにも屈することなく攻撃を展開。それは失点しても変わることなく、わずか6分での逆転劇を披露すると、2-1で迎えた延長7分には右サイドを突破し、クロスからMF森下龍矢のダメ押しゴールをアシストしている。

 瀬古をはじめとして、決勝の舞台で底力を見せた明治大だが、すべては“練習の成果”に他ならないという。「カウンターの練習や問答無用に走る部分だったり、キツくなった時の精度だったりを求めながらやっている日々の練習の質、向上心の高さが出たんじゃないかなと思います」と瀬古。誰よりもハードな練習を積み上げたという自信が、決勝の延長戦という土壇場でチームの“拠りどころ”となっていた。

 そして実は、この日は瀬古の22歳の誕生日。「朝から友だちや家族からたくさんの連絡をいただいて、でも僕の誕生日よりも明治が勝てばいいとずっと思っていた」と明かす。その思いは通じ、見事に栄冠を勝ち取った。10年ぶり3回目の優勝に加え、関東大学サッカーリーグ1部、総理大臣杯との3冠も達成。フォア・ザ・チームを貫く瀬古にとって、何よりも大きな“誕生日プレゼント”になったようだ。

「本当に僕のことはどうでも良くて、明治に感謝している分、最後の1試合で自分たちが歴史に名を刻んで、感謝を伝えたいと思っていました。今日はそれが達成できて良かったかなと思います」

 まさに歴史に名を刻む記録を打ち立て、来季からはプロの世界に活躍の場を移す瀬古。感謝の思いを胸に、プロの世界でも縦横無尽にピッチを支配する姿を期待したい。

(Football ZONE web編集部・片村光博 / Mitsuhiro Katamura)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング