韓国開催のE-1選手権、日本の広告が多かった理由は? 現地紙指摘「日本企業目立った」

韓国本拠地だが、日本の看板が目立った釜山アジアド主競技場【写真:Yukihito Taguchi】
韓国本拠地だが、日本の看板が目立った釜山アジアド主競技場【写真:Yukihito Taguchi】

日韓戦が行われたスタジアム内の広告に韓国紙が注目、その理由についても説明

 日本代表は現地時間18日、韓国・釜山で開催されているE-1選手権の最終戦で韓国代表と対戦し、0-1で敗れた。注目の日韓戦となったが、その一方でスタジアム内の広告がクローズアップされており、「日本企業の広告が多かった理由は?」と韓国紙「済民日報」が報じている

 日本は大会初戦の中国戦に2-1、第2戦の香港戦に5-0で勝利。韓国も連勝で直接対決を迎え、日本は引き分け以上で優勝という立場にあった。しかし前半28分、MFファン・インボムに強烈なミドルシュートを叩き込まれ、日本は最後まで韓国の牙城を崩し切れずに0-1で敗れた。

 今大会最多となる2万9252人が釜山アジアド主競技場に足を運び、日韓両国のメディアも大きな関心を寄せていた一戦で、現地メディアは広告に注目している。

「E-1選手権の日韓対決…スタジアム内で日本企業の看板が多かった理由は?」と報じたのは韓国紙「済民日報」だ。「E-1選手権は、韓国・中国・日本の3カ国が2年ごとに持ち回りで大会を開いて、開催国が大会を主管する」と記しつつ、「2年ぶりの日韓戦であるだけに多くのファンが関心を示すなか、韓国開催の大会で競技場内に日本企業の看板が目立った」と伝えた。

 韓国開催となった今大会だが、とりわけ注目を集めたのが日韓戦だ。優勝が懸かった大一番となったが、記事ではピッチ脇などに掲示された広告の写真を紹介しつつ、日本の広告が多かった理由について言及している。

「今大会は韓国のサッカー協会が運営を引き受けたが、大会のスポンサーや放映権などは日本の電通が担当した」

 ファンの素朴な疑問に答えるように、日本の広告が多くなった背景について説明を加えている。準優勝に終わった日本は、試合後に綺麗に掃除した“美ロッカー”で現地メディアから称賛を浴びていたが、スタジアム内の広告でも関心を集めていたようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド