「失敗してもいいから…」 鈴木武蔵、“日韓戦”の入り方への悔恨と「学べたこと」

日本代表FW鈴木武蔵【写真:Yukihito Taguchi】
日本代表FW鈴木武蔵【写真:Yukihito Taguchi】

E-1最終戦の韓国戦で0-1の敗戦 「チャレンジできればよかった」と立ち上がりを悔やむ

 森保一監督率いる日本代表は18日、韓国・釜山で開催されているE-1選手権の最終戦で韓国に0-1で敗れ、タイトルを逃した。先発出場したFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)は「立ち上がり、失敗してもいいからチャレンジできればよかった」と振り返り、試合への入り方を悔やんでいる。

 引き分けでも優勝が決まる日本だったが、立ち上がりから両サイドに圧力を掛けてくる韓国に押し込まれ、前半28分にMFファン・インボムにミドルシュートを決められて失点。後半には選手交代を駆使しながら反撃を図ったが、最後まで完全にペースを握ることはできず、敗戦を喫してタイトルを逃している。

 3-4-2-1のシャドーとして先発出場した鈴木は、「守備のところで行ってもハマらず、相手のロングボールや背後へのボールでひっくり返されてリズムをつかめず、そういうところから押し込まれる展開が多かった」と試合の流れを振り返る。韓国がシンプルにリズムを生み出した一方、日本は試合への入り方に失敗した感が否めない。

「このアウェーの環境で、余裕でやれるくらいの能力を出していかなければいけないし、チームとしてもビビッて立ち上がりが悪いのでは後悔しか残らない。立ち上がり、失敗してもいいからチャレンジできれば良かったと思う」

 そう語る鈴木は後半、前線のコンビネーションやシンプルなスルーパスから抜け出そうというシーンを作ったが、得点するまでには至らず。「もっと前線で自分の特徴を出しながらやりたかったけど、それができなかった」と悔やんだ。ライバル相手の敗戦から得た教訓は重い。

「剥がしてあと一歩、『このパスが通っていれば』というところで僕もミスをする部分でまだまだ。それができればビッグチャンスも演出できるとポジティブに捉えて、韓国の勢いを僕たちが出せるようにやっていかないと。それが学べたことなので、チームでも生かしていけないといけない」

 E-1選手権のタイトルは、高い“授業料”となってしまった。それでも敗戦を意味あるものとするには、今後の取り組みで教訓を活かすしかない。悔しさを胸に、鈴木は札幌での戦いに還元することを誓った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド