韓国代表MF、エリア内転倒も“PKなし”に場内騒然 埋まり始めたスタンドから大ブーイング

韓国代表のスターティングイレブン(チュ・セジュンは前列左から2番目)【写真:Getty Images】
韓国代表のスターティングイレブン(チュ・セジュンは前列左から2番目)【写真:Getty Images】

前半26分にチュ・セジュンが遠藤に突破を阻まれ転倒 直後には韓国が先制点

 森保一監督率いる日本代表は18日、韓国・釜山で開催されているE-1選手権の最終戦で韓国と対戦。前半26分には韓国代表MFチュ・セジュンがペナルティーエリア内で倒れ、PKを要求する場内は大ブーイングに包まれた。

 E-1選手権優勝を懸けた一戦は、序盤は一進一退の攻防が続いたものの、次第にホームの韓国ペースに。セットプレーから危険なシーンを作られ続け、前半25分にはCKからバー直撃のシュートも放たれた。

 そして直後の同26分、問題のシーンが生まれる。右サイドでボールを持ったチュ・セジュンがペナルティーエリア内で突破を図ると、守備に入ったMF遠藤渓太と交錯。チュ・セジュンは転倒し、ファウルとPKをアピールしたが、判定はノーファウルだった。

 この判定に韓国イレブンはもちろん、時間とともに埋まり始めたスタンドも納得せず、大ブーイングが浴びせられた。直後の同28分にはMFファン・インボムに先制点を奪われた日本の劣勢が続いている。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド