ザルツブルク、雄叫び上げる南野の「王様タキ」写真投稿で騒然 「リバプール決定?」

雄たけびを上げるザルツブルクMF南野【写真:AP】
雄たけびを上げるザルツブルクMF南野【写真:AP】

冬の移籍市場でクロップ監督率いるリバプールへの移籍が有力視

 オーストリア1部ザルツブルクの日本代表MF南野拓実は、年明けに解禁される冬の移籍市場でプレミアリーグの強豪リバプールへの移籍が有力視されている。ザルツブルクサポーターが選ぶ12月の月間MVPに輝いたなか、クラブ公式インスタグラムは「King Taki(王様タキ)」と綴り、南野が咆哮する写真を投稿。海外ファンから「どうか行かないで」「リバプール決定?」と声が上がるなど、注目を集めている。

 ザルツブルク6年目を迎えた南野は、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージでユルゲン・クロップ監督率いるリバプール相手にゴールを決めるなど、2度の対戦で強烈なインパクトを残した。10日の直接対決後には、リバプール移籍で合意、という報道が英紙を中心になされ、ザルツブルクのクリストフ・フロイントSD(スポーツディレクター)も接触を認めていた。

 南野は全体の52%の票を獲得してザルツブルクサポーターが選ぶ12月の月間MVPに輝いたなか、クラブ公式インスタグラムは「King Taki(王様タキ)」と南野の愛称“タキ”の名前を記すとともに、雄叫びを上げる日本人アタッカーの写真をアップ。すると、海外ファンから惜別や歓迎、憶測のコメントが相次いでいる。

「どうか行かないで」
「リバプール決定?」
「どういう意味?」
「サムライ」
「リバプールへようこそ」

 ザルツブルクはすでに年内の公式戦が終了。プレミアリーグは年明けの1月1日に冬の移籍市場が開幕するが、果たして南野のリバプール移籍が実現することになるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング