韓国代表の元Jリーガーが被害、現地紙が中国揶揄 「日本戦と同様の少林サッカー」

荒れた展開となった中国代表と韓国代表の試合【写真:Getty Images】
荒れた展開となった中国代表と韓国代表の試合【写真:Getty Images】

元Jリーガーの韓国代表MFユン・イルロクの右腕を中国MFリー・ハンの右足裏が直撃

 韓国・釜山で行われているE-1選手権は、15日に男子第2戦の韓国対中国が行われた。開催国・韓国が圧倒的にボールを支配するなかで虎の子の1点を守って逃げ切ったなか、日本戦でのラフプレーで矢面に立った中国の激しさが増し、再びスパイク裏で相手をヒットするファウルが飛び出した。韓国メディアは「日本戦と同様の少林サッカー」と報じ、反響が拡大している。

 韓国は前半13分にDFキム・ミンジェのゴールで先制するも、その後はボール支配率70%以上を誇りながら追加点を奪えずに試合は進んでいった。徐々に球際の攻防が激しくなるなかで迎えた後半7分だった。

 J1横浜F・マリノスから済州ユナイテッドへ期限付き移籍しているMFユン・イルロクが体ごと球際に向かった一方、中国代表MFリー・ハンはやや遅れてボールに向かって右足を振り上げる。次の瞬間、リー・ハンの右足裏がユン・イルロクの右腕を直撃。ユン・イルロクは衝撃でピッチに倒れ込み、リー・ハンにはイエローカードが提示された。

 中国は10日に行われた大会初戦の日本戦、DFジャン・ジーポンがDF橋岡大樹(浦和レッズ)の首元に衝撃のカンフーキックをお見舞い。一発退場とならず大きな注目を集めていたが、再び飛び出したラフプレーに韓国メディアも即座に反応した。

 韓国紙「中央日報」は「“中国キラー”キム・ミンジェが中国の“恐韓症”をもたらした」と記し、キム・ミンジェが今年1月のアジアカップでの対戦で同じく中国相手にゴールを決めたことを紹介。そして、「中国は日本戦と同様の少林サッカーを展開したが、韓国は積極的に対抗して主導権を握った」と中国のラフプレーに屈することなく勝利した韓国代表チームの戦いぶりを伝えている。

 大会最終戦は因縁の「日韓戦」。さらに激しい戦いが待ち受けることになりそうだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. 「コースえぐい」 堂安律のブンデス開幕ゴールに喝采、左足の“低弾道ミドル弾”「振りが速い」と驚き