日韓戦は「小さい頃から見てきたもの」 田中碧が燃やす闘志「敵わない相手ではない」

日本代表MF田中碧【写真:Football ZONE web】
日本代表MF田中碧【写真:Football ZONE web】

香港戦では先発出場して後半22分に交代 韓国戦で先発の可能性が高まる

 森保一監督率いる日本代表は18日、韓国・釜山で開催されているE-1選手権の最終戦で韓国と対戦する。ここまで2勝同士の両雄が優勝を懸けて激突する一戦を前に、MF田中碧(川崎フロンターレ)は「負けちゃいけない相手だと思います」と意気込んだ。

 日本は今大会に国内組のみのメンバーで臨み、23人中14人が22歳以下の東京五輪世代という若手中心の構成。初戦で中国を2-1で下すと、第2戦では香港に5-0の快勝を収め、同じく2連勝の韓国との最終戦は、優勝を決する大一番となる。

 今大会で代表初招集となった田中碧は、香港戦で先発出場して代表デビュー。クラブでもチームメイトのMF大島僚太とボランチでコンビを組み、後半22分に途中交代するまで攻守の中心を担った。

 そして韓国戦を2日後に控えた16日の練習では、香港戦の先発メンバーが軽めのメニューとなるなか、中国戦のメンバーとともに調整。短い時間ながら、負傷離脱したMF橋本拳人(FC東京)に代わってMF井手口陽介(ガンバ大阪)とともにボランチに入って連係を確かめている。

 日韓戦での先発の可能性が高まっていると見られるが、香港戦での出来には「自分にできるものはもっとたくさんあった」と満足していない。「次の試合でどれだけできるかが自分の力というか、物差しになる」という思いとともに、決戦に臨むことになる。

「(日韓戦は)小さい頃から見てきたものですし、自分の中でもいろいろ思うところもあります。負けちゃいけない相手だと思います。すごく厳しい試合になるのは分かっていますし、簡単に勝てる相手ではないと思いますけど、自分の力を最大限出せれば敵わない相手ではない。自分の力を出せるようにできればいいかなと思います」

 今季のJ1では川崎の主力に成長し、リーグのベストヤングプレーヤー賞も受賞。年代別代表の活動などを通して、「他の選手にやってもらうのではなくて、自分が1人の選手として局面やゲームを変える」ことへの意識が高まったという。日韓戦はまさに、全員がそうした意識を持って戦うべき場でもある。ピッチに立てば年齢は関係ない。新進気鋭の21歳は、強い覚悟とともに優勝を懸けた一戦に挑む。

(Football ZONE web編集部・片村光博 / Mitsuhiro Katamura)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング