サラゴサ香川、ラシン戦で4試合ぶり先発復帰か 監督は意味深発言「それが香川なのか…」

サラゴサの香川真司はラシン・サンタンデール戦で先発復帰なるか【写真:Getty Images】
サラゴサの香川真司はラシン・サンタンデール戦で先発復帰なるか【写真:Getty Images】

3試合連続スタメン落ちのなか、ブランコ欠場&システム変更でトップ下に復帰か

 スペイン2部サラゴサは、現地時間14日にリーグ第20節でラシン・サンタンデールと対戦する。コンディション不良もあり、3試合連続でスタメン落ちの日本代表MF香川真司が、先発復帰する可能性があるという。サラゴサ地元紙「エラルド」が報じた。

 11月上旬に腰の違和感で別メニュー調整期間があった香川は、コンディション不良で同23日のリーグ第17節ラージョ・バジェカーノ戦(1-0)を欠場。続くジローナ戦(3-3)はベンチ入りするも出番なし、直近のデポルティボ戦(3-1)も後半38分から途中出場と、不動のレギュラーだった開幕当初とは明らかに立場が変わっている。

 香川が最後に先発したのは、1カ月前の第16節アルバセテ戦(0-1)。その試合でもGKとの1対1でシュートをポストに当てるなどチャンスを逃したが、記事によればビクトル・フェルナンデス監督は、香川ら一部の選手をサブ組へ入れ、先発へ戻ってくるために奮起を促したという。

 そのなかで、ラシン・サンタンデール戦はスペイン人MFアレックス・ブランコが病気で欠場。システムは4-2-3-1に戻る見込みで、香川が先発復帰するチャンスが出ている。フェルナンデス監督は前日会見で明言を避けつつも、香川がスタメンに名を連ねる可能性を残す意味深なコメントをした。

「うーん、たしかに最近彼はプレーしていない。私は別のタイプの選手たちを試合ごとに選んできた。しかし、あらゆる場面で入ってくることができる。そして先日のラ・コルーニャ(デポルティボ)で好結果を出したからといって、ラシン戦で同じ形でプレーするということでもない。

 我々はホームのジローナ戦で良い試合をしていたが、ラ・コルーニャでは変更点があった。その前もバジェカス(ラージョ・バジェカーノの本拠地)で勝った後もジローナ戦ではいくつかの修正をした。大事なのは、たくさんの選手が加わってくることで、それが私の望んでいるサラゴサの形。選手たちは起用に応える準備ができている。そういう点で誰が入ってくるか、それが香川なのか別の選手なのか、自身が持っているサッカーを披露するのに前よりずいぶん良い状態にある」

 トップ下のスタメンとしてホームのピッチに立ち、再びアピールしたいところだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング