ベルギー代表FWルカクがクラブ史上最高額の48億円でエバートンに完全移籍 マルティネス監督も「クラブの未来にとって重要な一日」

 21歳の若きエースは昨年チェルシーからレンタルでエバートンに加入し、リーグ戦31試合15ゴールの活躍を見せた。エバートンとは5年の長期契約となる。ロベルト・マルティネス監督は「今回の契約は今季にとって重要というだけではない。このフットボールクラブの未来にとっても重要な一日だ」と語っている。ルカクは2011年夏にベルギー1部アンデルレヒトからチェルシーに加入したが、FWの層の分厚いチェルシーでは公式戦15試合出場に留まっていた。
 ルカクは「僕は21歳なので、いいチームでプレーする必要性があった。正しいと思える環境にいることが必要だった。ここに戻りたいという決断はすぐにできた。ここがいるべき場所なんだ」と話している。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

トレンド

ランキング