「史上最悪のプレー」 無人ゴールも“連続シュートミス”に世界衝撃「ボールはどこへ?」

イタリアの8部リーグで衝撃のミスプレー…(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
イタリアの8部リーグで衝撃のミスプレー…(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

イタリア8部リーグで生まれた珍プレー、スペイン紙も反応「最も恐ろしい失敗」

 イタリアサッカー界で起きた衝撃のミスに世界中で驚きが広がっている。注目を集めているのは8部リーグの試合で見られた珍プレーだ。無人のゴール前で最大のチャンスを迎えたストライカーが連続してシュートミスを犯すという出来事に「史上最悪のプレー」「ボールはどこへ?」と反響を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 11月24日に行われたマラテア対ラトローニコ(6-4)の一戦で、まさかのプレーが生まれた。1-1と均衡状態で試合が進むなか、ラトローニコが前線にボールを送る。相手DFとGKがクリアミスし、ラトローニコFWエブリマ・ンジエがボールを拾い、無人のゴールに向かってシュートを放った。

 ゴールかと思われたが、ンジエのシュートはバーを直撃。一度は外したが、こぼれ球に反応したンジエが再びフリーの状態でヘディングシュートを放った。枠に飛ばせばゴールという場面だったが、ボールに回転がかかっていたと見られ、思ったより飛んだシュートは枠の上へと外れた。外したンジエも外した直後にピッチに倒れ込み、両手で頭を抱え込むという分かりやすいジェスチャーで悔しさを滲ませている。

 サッカー情報メディア「BE SOCCER」スペイン語版は「サッカー史上最も魅力的なダブルミス」と伝え、「ボールはどこへ行った? ゴールの真上」と記した一方、スペイン紙「マルカ」も「最も恐ろしい失敗」と報道。さらに、アルゼンチン紙「パヒナ12」は「史上最悪のミスで逃したゴール。彼のミスがあまりにも魅力的なため、そのプレーは世界中を駆け巡った」と触れ、コロンビアのテレビ局「ノティシアス・カラコル」も「彼は無人のゴール相手に2回失敗した」と綴っている。

 驚愕のミスは各国メディアで取り上げられており、反響は広がっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. 「コースえぐい」 堂安律のブンデス開幕ゴールに喝采、左足の“低弾道ミドル弾”「振りが速い」と驚き