C・ロナウド、“股抜き被害”で悔しさ露わ 動画公開に反響「怒ってる」「レアな映像」

ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

ユベントスの練習中に屈辱… ディバラは“してやったり”の会心の笑み

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは現地時間26日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5節アトレチコ・マドリード戦に先発し、1-0の勝利に貢献した。3日前に行われたセリエA第13節アタランタ戦(3-1)でメンバー外となり、コンディションが心配されていたがフル出場で復調ぶりを示している。そうしたなか、試合に向けた練習中にロナウドが“股抜き”を喫し、憮然とした表情を見せていたと、複数メディアが映像付きで報じて話題を呼んでいる。

 ロナウドは今季、公式戦15試合6ゴールと“稀代のゴールマシン”としてはやや物足りない数字となっている。6日のCLロコモティフ・モスクワ戦(2-1)、10日のリーグ第12節ACミラン戦(1-0)では2試合連続で途中交代。これに不満を露わにし、ミラン戦では試合終了前に帰宅したと報じられるなど、コンディション面の問題を主張するマウリツィオ・サッリ監督との間に不穏な空気も漂っていた。

 その後、ポルトガル代表で2戦4ゴールと大爆発したものの、ユベントスに戻った直後のアタランタ戦はメンバー外。その状態が心配されたなか、CLアトレチコ戦を前に各メディアを賑わせたのが、練習中にロナウドが“股抜き”をされる映像だ。

 ウォーミングアップと見られるパス回しで、“鬼役”となったロナウドはボールの行方を目で追いながら軽快なステップを踏んでいく。そしてボールがアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラのもとに渡り、右足で軽く左隣のイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチにパスを出した瞬間、ロナウドが猛然とプレス。ボール奪取に成功か――と思われたが、一歩早くボヌッチが右足を振り抜くとボールはロナウドの股下を抜けてつながった。

 パスが成功した瞬間、奥にいたディバラは“してやったり”という感じで満面の笑みを浮かべながら、プレーが途切れると両手を高く上げて拍手を送っていた。一方、“股抜き”の被害者となったロナウドは憮然とした表情。納得がいかないとばかりに両手を広げるジェスチャーをしたかと思えば、悔しさ紛れに何かを呟きサムアップのポーズも見せていた。

 この映像を米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・レポート」は、公式インスタグラムとツイッターで泣き笑いの絵文字とともに「クリスティアーノのリアクション vs ディバラのリアクション」と綴って投稿。コメント欄には「彼が怒ってる、怒ってる」「ディバラはピュアな心を持っているね」「ロナウドはいつも腹を立てている」「レアな映像」「ロナウドは確実に来年去るね」など、ユベントスが誇るスター選手が見せた対照的な表情に対して、様々な反応が寄せられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング