サラーとデ・ブライネは「十分な戦力ではなかった」 チェルシー時代の“基準”をOB指摘

チェルシーに在籍していた(左から)MFケビン・デ・ブライネとFWモハメド・サラー【写真:Getty Images】
チェルシーに在籍していた(左から)MFケビン・デ・ブライネとFWモハメド・サラー【写真:Getty Images】

いずれも若手時代に所属したチェルシーで活躍できず、他チームでブレイク

 リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー、マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ、現在のプレミアリーグを代表する名手の2人だが、かつてはチェルシーに所属していた。チェルシーのレジェンドで現在はアストン・ビラでアシスタント・ヘッドコーチを務める元イングランド代表DFジョン・テリー氏がUAEのラジオ局「ドバイ・アイFM」のインタビューに応え、当時の2人はまだ若く「チェルシーにとっては十分な戦力ではなかった」と明かしている。

 現在リバプールのエースとして活躍するサラーは、2014年1月にバーゼルからチェルシーに加入。しかしチームには定着できず、フィオレンティーナ、ローマを経て2017年7月にリバプールへ移籍した。シティの中心選手であるデ・ブライネは、2012年1月にベルギーのヘンクからチェルシーへ。1シーズンはヘンクに貸し出されると、チェルシーに帰還後も出場機会に恵まれず、ブンデスリーガのブレーメンとヴォルフスブルクを経て、2015年8月にシティへと移籍している。

 チェルシーの生え抜きとして活躍したテリー氏は、「サラーやデ・ブライネのような選手がやってきたが、当時の基準に合わせることができなかった。今では才能を発揮しているが、当時は若かった」と指摘。彼らがチェルシーでは活躍できなかった理由を考察している。

「(ジョゼ・)モウリーニョ監督に、彼らをチームに組み入れる時間はなかった。なぜなら我々は職を失わないために、毎試合勝たなければならなかったからだ。チャンスはなかった。彼らは他に行って才能を証明してみせた。しかし、当時のチェルシーにとっては十分な戦力ではなかったんだよ」

 チェルシーにとって“もったいない”とも思える成長を遂げた2人だが、当時のチーム事情では仕方がなかったとの見方を示している。現在、プレミアリーグのトップに君臨する名手2人も、テリー氏から見ると若手時代には“不十分”だったと主張していた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング