久保建英、惜敗も…スペイン紙“最高評価タイ” 後半ATのGK強襲弾は「“魔法の手”が…」

高評価を受けたマジョルカMF久保【写真:Getty Images】
高評価を受けたマジョルカMF久保【写真:Getty Images】

レバンテに敵地で1-2敗戦 ゴール演出で2つ星評価を獲得

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間22日、リーガ・エスパニョーラ第14節の敵地レバンテ戦に3試合連続で先発出場。チームは1-2で敗れたものの、後半10分に一時同点となるゴールを演出したことで現地紙から高い評価を受けている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 国際Aマッチウィークでは、U-22日本代表の一員として広島でのU-22コロンビア代表戦(0-2)に出場。代表招集による長距離移動を挟んだものの、この日もスタメンとして名を連ねた。

 試合は0-0で迎えた後半7分、レバンテFWロジェール・マルティのヘディングシュートを許し、マジョルカが1点を追う形となった。そこで仕事をしたのが、右サイドハーフに回った久保だ。同20分に相手のクリアボールをDFジョアン・サストレが奪うと、敵陣右サイドで久保がキープ。相手2人を引きつけると、フリーで駆け上がったサストレにパスを出し、そのクロスをMFダニ・ロドリゲスが決めて同点に追いついた。

 しかし同28分、レバンテのMFルベン・ロチーナに豪快なロングシュートを叩き込まれ、マジョルカは再び1点を追う展開に。攻撃の中心となっていた久保は、レバンテが退場者を1人出すなかで終盤には何度もチャンスメイク。自らもアディショナルタイムに際どいボレーシュートを放ってGKにセーブされたが、この際に相手のフィールドプレーヤーの手に当たったように見えたがファウルは取られず。そしてラストプレーでは久保のラストパスから味方が決定機を迎えたが、シュートはクロスバーに嫌われてタイムアップの笛を聞いた。

「マルカ」紙は、この試合の前半について「両チームともよく整理されていて、均衡が保たれていた。(レバンテの)FWモラレスとクボは別の何かを起こそうとしていたが、危険なエリアに辿り着くことはなかった」と攻撃のキーマンが生きる場面が少なかったことを触れた一方で、「クボが放ち、アイトール(レバンテGK)と“魔法の手”が弾いたシュートとクロスバーは、マジョルカが追いつくのを妨げた」と、久保が個人能力を見せたことに触れている。

 同紙の採点でも3つ星評価の選手がいないなかで、久保はチーム最高点タイの2つ星をマークしている。試合には1-2で敗れたものの、前節ビジャレアル戦での初ゴールを含む大活躍に続き、着実に評価を高めているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング