南野のW杯予選“開幕4戦連発”のPK弾で日本が先制 劣悪ピッチに苦しむも…1-0で後半へ

南野拓実のゴールで日本代表が先制した【写真:Yukihito Taguchi】
南野拓実のゴールで日本代表が先制した【写真:Yukihito Taguchi】

キルギスとのアウェーゲーム、南野が自ら奪ったPKを決める

 日本代表は14日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の敵地キルギス戦に臨み、MF南野拓実が自ら獲得したPKを決めて1-0で前半を終えた。

 日本はキルギスと昨年11月の国際親善試合で戦った際には4-0で勝利したが、この2次予選F組の首位通過を争ううえでは現在2位のライバルとの直接対決となった。その試合で森保一監督は右サイドにMF伊東純也、左サイドにMF原口元気を起用し、MF中島翔哉をベンチスタートとした。

 立ち上がりから荒れた部分が目立つピッチながら、両者がパスをつないで攻撃を組み立てる意図を見せたことで、中盤では激しい潰し合いも見られる展開になった。そのなかで日本は前半14分、右サイドからのクロスをゴール正面でMF南野拓実がヘディングで狙ったが、ややボールが高くゴール枠に抑え込むことはできなかった。さらに南野は同18分、ゴール正面で対峙した相手DFをドリブルで外すと相手GKと1対1になったものの、コースを狙ったシュートはセーブされた。

 逆に同31分にはキルギスが左サイドから切り崩し、MF遠藤航をかわして出したラストパスをゴール前でシュートにつなげる決定機を作られたが、GK権田修一が正面に飛んできたボールを弾き出して事なきを得た。

 日本もすぐさま同34分に良い形の攻撃で右サイドからクロスを上げる形を作ったが、原口がフリーでヘディングを狙うところにFW永井謙佑も入ってきて重なってしまい、シュートチャンスを逸した。

 そのまま前半終了かと思われた同41分、日本はスルーパスに抜け出した南野が相手GKに倒されて獲得したPKを自ら決めて先制。W杯予選で開幕4戦連続ゴールとなり、これまでFW三浦知良が保持していた3試合連続を超え、代表戦でも5戦連続ゴールとして1-0のリードを奪ってハーフタイムを迎えた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング