サラゴサ香川、先発出場も得点には絡めず 「決定的な場面を逃した」とスペイン紙

レアル・サラゴサMF香川真司【写真:Getty Images】
レアル・サラゴサMF香川真司【写真:Getty Images】

グティ率いるアルメリアに主導権を握られ、敵地で1-1のドロー

 スペイン2部サラゴサの元日本代表MF香川真司は現地時間10日、アウェーでの第15節アルメリア戦(1-1)で先発出場したものの、得点には絡めなかった。スペイン全国紙「AS」の評価もやや低いものとなっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 前節ラス・パルマス戦(3-0)は腰の違和感によってメンバー外となった香川だったが、この日はセカンドトップ的な立ち位置でキックオフの笛をピッチで聞いた。しかし試合はここ最近のサラゴサの停滞ぶりを象徴するように、かつてレアル・マドリードの主力として活躍したグティ監督率いるアルメリアに主導権を握られる苦しい展開に。前半終了間際の45分には、セットプレーから先制点を許した。

 1点ビハインドで迎えた後半、サラゴサは反撃体勢を強める。香川は同8分に上手くスペースに飛び出して相手GKをかわしたものの、シュートには持ち込めなかった。それでもサラゴサは同10分にMFミゲル・リナレスが同点ゴールを決めて1-1に。香川も後半42分までプレーし、その直前にはシュートチャンスを迎えたが、枠内に収めることはできなかった。

 同紙では香川のプレーぶりについて「彼らしい技術でゲームをしていたものの、決定的な場面を逃していた」と、持ち前のテクニックこそ光る場面があった一方で、チャンスを生かし切れなかったことを課題として挙げた。チームは最低限の勝ち点1を得ただけに、チームとしても個人としても上昇気流に乗っていきたいところだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」