「太陽のように美しい」 インテル、ダブルエースの“抱擁”に反響「最高のチーム」

FWラウタロ・マルティネスとロメル・ルカクの2トップが揃い踏み【写真:Getty Images】
FWラウタロ・マルティネスとロメル・ルカクの2トップが揃い踏み【写真:Getty Images】

ブレシア戦で“揃い踏み”の活躍 試合後の抱擁シーンをクラブ公式が公開

 イタリア・セリエAのインテルは現地時間29日、リーグ第10節ブレシア戦に臨み、2-1で勝利を収めた。2トップのベルギー代表FWロメル・ルカクとアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが1点ずつを挙げたなか、試合後の“美しい瞬間”に注目が集まっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 首位ユベントスを勝ち点1差で追走するインテルは、敵地でのブレシア戦で前半23分にL・マルティネスのゴールで先制に成功。後半18分には“相棒”ルカクの今季7点目となる追加点で突き放し、1点を返されたものの逃げ切って勝ち点3を獲得した。これにより、インテルは暫定ながらユベントスを抜き、首位に返り咲いている。

 ブレシア戦の2得点は、いずれもエリア外からのシュート。L・マルティネスは相手に当たってGKの頭上を越えるラッキーもあったものの、ルカクの一撃は紛うことなき“ゴラッソ”だった。チームを牽引する2トップの“揃い踏み”とともに注目されているのが、試合後に彼らが見せた抱擁だ。

 インテルの公式ツイッターは試合後、L・マルティネスとルカクが固く抱き合い、感情的に言葉をかわす様子を動画で公開。ダブルエースが見せた“絆”に、返信欄では「太陽のように美しい」「2人のビーストだ」「チームを大切にする素晴らしい振る舞い」「これこそ愛」「最高のチーム」とファンから多くの反響が寄せられていた。

 2009-10シーズン以来のスクデット(セリエA優勝)獲得を目指すインテルにとって、昨季からエースとして活躍するL・マルティネスとマンチェスター・ユナイテッドから加入したルカクの躍動は不可欠。彼らが良好な関係を築いていることは、今後に向けてのプラス材料となりそうだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」