「偉大な主役の1人」 ウエスカ岡崎慎司、2戦連発を地元メディア称賛「クオリティーを発揮」

ウエスカFW岡崎慎司が今シーズン3得点目【写真:SD Huesca】
ウエスカFW岡崎慎司が今シーズン3得点目【写真:SD Huesca】

エルチェ戦で先制点を挙げ、今季3点目を記録

 スペイン2部ウエスカの日本代表FW岡崎慎司は現地時間27日、リーグ第13節エルチェ戦で決勝点を挙げ、2-0の勝利に貢献した。地元メディアは「偉大な主役の1人」と表現し、その活躍を称えている。

 岡崎はセンターフォワードの位置で8試合連続となるスターティングメンバー入り。最前線でゴールチャンスを窺うと、前半45分に“らしさ”を発揮する。MFフアン・カルロスからのスルーパスを鋭い動き出しで受け、右足でシュート。相手GKの股を抜く一撃がゴールネットを揺らし、先制点となった。

 その後、ウエスカは後半14分にもフアン・カルロスが追加点を奪い、2-0の快勝を収めた。岡崎は2点目こそならなかったものの、ポスト直撃のシュートも放つなど存在感を発揮。ウエスカの今季7勝目を演出している。

 スペインの地元メディア「エル・デスマルケ」は「ウエスカは日本人とともに進む:岡崎が最初にスコアボードに名を刻む」と見出しを立てて、岡崎の活躍を報道。次のようにエルチェ戦を評している。

「ウエスカのシンジ・オカザキはエルチェ戦で偉大な主役の1人となった。日本人は普段どおりのクオリティーを発揮し、先制点を挙げることに成功している」

 エルチェ戦のゴールは岡崎にとって、公式戦2試合連続となる今季3点目。チームの4位浮上に貢献し、すでに信頼できるストライカーとしての評価を確立しつつあるようだ

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング