久保建英とレアル同時期加入の18歳MF、ブラジル代表初招集 ヴィニシウスと熾烈競争

レアル・マドリードMFロドリゴがブラジル代表に選出【写真:Getty Images】
レアル・マドリードMFロドリゴがブラジル代表に選出【写真:Getty Images】

レアル加入間もないブラジル人MFロドリゴ、クラブと代表でヴィニシウスとしのぎ削る

 レアル・マドリードで現在注目を集めているのは18歳のブラジル人MFロドリゴだ。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で初の先発出場を果たすなど、存在感を高めている。それを受けてブラジル代表は11月の国際親善試合での初招集を決め、同じくレアルとブラジルの有望株であるFWヴィニシウス・ジュニオールとの競争が激しさを増しているとスペイン紙「AS」が伝えている。

 ロドリゴが招集されることになったのは、11月の国際Aマッチウィーク、アルゼンチン戦と韓国戦だ。今月は東京五輪を目指すU-22ブラジル代表の一員としてU-22日本代表戦に出場(3-2で日本の勝利)したが、A代表でもそのセンスを買われた形となった。その招集について同紙はこのように伝えている。

「レアル・マドリードでミッドウィークでの初スタメンに続き、ロドリゴはブラジルのコーチ、チッチ監督から初の代表招集を受けた。その一方でヴィニシウスには居場所がなかった」

 またブラジルメディア「UOL」を引用する形で、チッチ監督などセレソンの指導陣は、ブラジルのコーチングスタッフは、ロドリゴがヴィニシウスよりも成熟度が高く、彼の開発と戦術知識が高いとみているとの評価もあるという。

 日本代表MF久保建英(マジョルカ)とほぼ同タイミングで加入したロドリゴ、そして昨季加入してトップチームで結果を残したヴィニシウス。10代にしてレアル、セレソンとクラブでも代表でも苛烈な競争を繰り広げている。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング