強いだけでは満足できない? 「ブランド力」求む名門、“カルト的”監督に託す未来

ユベントスに見る未来とは【写真:Getty Images】
ユベントスに見る未来とは【写真:Getty Images】

劇的に変わったイタリア王者ユベントス、サッリ監督の下で“進化”を果たせるか

 監督によってプレーは変わる。そんなに変わっていいのだろうかと思ってしまうが、選手が同じでも監督が代わればプレーは変わる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ユベントスは今季からマウリツィオ・サッリ監督が指揮を執っている。前任のマッシミリアーノ・アッレグリ監督は5シーズンでセリエAを5連覇、コッパ・イタリア優勝4回と文句なしの成績だった。国内では圧倒的に強かったのだが、首脳陣はどうやら強いだけでは満足できなくなったようだ。

 ユーベは近年、エンブレムやユニフォームのデザインを一新するなど、クラブのイメージ戦略を推し進めている。アッレグリの後任リストにはジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)も入っていたようで、魅力的なスタイルを構築したいと考えていたのだろう。サッリは確かに、“それ用”の監督ではある。長い下積みを経て、ナポリで美しいパスワークを開花させた。チェルシーでは不発に終わったが、名門ユベントスでの采配が注目されている。

 それにしても、である。ユーベのプレースタイルはかなり変化した。

 攻撃が狭い。ペナルティーエリアの幅から出てはいけないとでも言われているのか、中央に人が集まっている。サイドバックに転身したフアン・クアドラードだけがタッチライン際にいるが、あとはおおよそ中央にいる。人が中央なのでパスも中央でつないでいる。ナポリ、チェルシーでもショートパスをつないでいくスタイルだったが、ここまで中央に偏っていなかった。

 サッリ監督にはなんらかの考えがあるのだろうが、選手は新加入のマタイス・デ・リフト以外変わっていないのに、サッカーが変わりすぎだ。変わった結果、何か素晴らしいことが起きているかというと、そうでもない。そのうち驚くような進化があるのかもしれないが、今のところ兆しは見られない。

 グアルディオラもユルゲン・クロップ(リバプール監督)も、チームを一変させて自らの刻印を押す。誰のチームなのかが一目瞭然のスタイルを植え付ける。それで勝つから名監督なのだろう。監督次第でチームが劇的に進化するのは、ちょっと気味が悪いところもあるが、それができる監督のチームは「ブランド」を確立できる。

page1 page2 page3

西部謙司

にしべ・けんじ/1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も