名将ベンゲル&岡田氏が考える“監督論” 「スポーツ界のパワハラ問題というのも…」

監督論について語り合うベンゲル氏、岡田氏【写真:Football ZONE web】
監督論について語り合うベンゲル氏、岡田氏【写真:Football ZONE web】

来日中のベンゲル氏が都内で“親友”の岡田元日本代表監督とトークセッション

 プレミアリーグの名門アーセナルで長年監督を務めたアーセン・ベンゲル氏が24日、都内で講演会を行った。第1部ではFC東京の大金直樹社長と東京ヴェルディの羽生英之社長とともにトークセッションを、第2部では元日本代表監督でJFL・FC今治の岡田武史会長と熱い議論を交わした。2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)前から親交を深めた岡田氏と、“監督論”について語り合っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ベンゲル氏は1996年から昨年までの22年間はアーセナルで指揮を執り、プレミアリーグで3度頂点へ導くなど、数々のタイトル獲得に貢献してきた名将。1995年には名古屋グランパスで監督を務め、天皇杯優勝を経験している。“親友”の岡田氏とは、2010年南アフリカW杯頃から親交を深めたという。ベスト16入りを果たした南アフリカW杯から9年。まず、ベンゲル氏がチームをまとめるうえで考える精神論とは――。

「チームを1人の人間と例えてみたら、最後の一歩を踏み出す時の“自分”への自信が足りない。それがどうして足りないのか。メンタルを強くするというのは、どんなプレッシャーの下でも『俺はいける』という自己肯定感(があること)、今までの自分の成功を糧に、一歩を踏み出す勇気や力、恐怖に打ち勝てる自分がいることが大切」

 長年プレミアリーグで指揮を執ってきたベンゲル氏。同じイングランドで盛んなスポーツの一つと言えば、今、日本列島で人気を爆発させているラグビーだ。今大会はベスト4進出を決めているイングランドだが、2015年に母国開催だった前回大会は、決して負けの許されない状況で2勝2敗。グループリーグ敗退を喫した事実は、ラグビーイングランド代表選手の心を深く傷つけた。それでも今回、イングランド代表は立ち直った。この方法をベンゲル氏は説明する。

「イングランドは15年にホーム開催で負けた。その時、イングランド代表選手はそれぞれがトラウマを口に出して話すことで恐怖を次のエネルギーに、プラスに変えた。これをやって、トラウマに打ち勝った。メンタルを強くすることは大事だと思います」

 精神面を鍛えるうえで、日本サッカーを一番近くで見てきた岡田氏だから分かることもある。日本代表は「確実に進歩してきた」と話すが、一方で抱える問題はハッキリしているようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】