リバプールの魔術師は“セクシー” 相手2人翻弄の美技が反響拡大「魔法のラボーナ」

リバプールのFWフィルミーノ【写真:Getty Images】
リバプールのFWフィルミーノ【写真:Getty Images】

ブラジル代表FWフィルミーノが鮮やかなラボーナで「主役になった」と海外で話題

 リバプールのブラジル代表FWロベルト・フィルミーノは、現地時間23日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節ヘンク戦(ベルギー)で自慢のテクニックを如何なく発揮した。意表を突いてマーカー2人を翻弄し、海外メディアでも「魔法のラボーナを発明」「派手なプレーの主役になった」と反響は拡大している。

 リバプールは前半2分に、ブラジル代表MFファビーニョのパスからイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが先制点を挙げると、後半12分にはチェンバレンがペナルティーアーク付近から技ありのアウトサイドキックでミドル弾をお見舞い。さらにセネガル代表FWサディオ・マネ、エースのエジプト代表FWモハメド・サラーと続き、敵地で4-1とベルギー王者ヘンクを下した。

 3トップで唯一ゴールがなかったフィルミーノだが、前半25分に見せ場を作る。右サイドから中央のマネへグラウンダーの鋭いパスが入り、フィルミーノとのワンツーへ。マネのパスがややマイナス気味にズレてしまったところを、フィルミーノは体を捻りながら軸足の左足の裏を通して蹴る“ラボーナ”でスペースに絶妙なパスを繰り出した。マネのシュートが相手GKのファインセーブに遭いアシストとはならなかったが、意表を突く美技に敵地クリスタル・アレナもどよめいた。

 中南米をカバーするサッカーメディア「BOLAVIP」は、「魔法のラボーナを発明」と見出しを打ち、「ブラジル人は派手なプレーの主役になった」と動画付きでレポート。フランステレビ局「BFM TV」が「崇高なラボーナ」と伝えれば、英スポーツメディア「スポーツ・バイブル」も「フィルミーノがシーズン最優秀アシストにほぼ成功」と触れ、フィルミーノを「セクシー・フットボーラー」と称するファンの声も紹介している。

 ゴールだけでなく、“技”でも魅せる――。プロサッカー選手のあるべき姿を示すかのようなフィルミーノのプレーは大きな反響を呼んでいる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング