リバプール“業師”の「世紀のアシスト」未遂に海外大反響 「ヤバいラボーナパス」

フィルミーノが意表を突くテクニックで観る者を魅了【写真:Getty Images】
フィルミーノが意表を突くテクニックで観る者を魅了【写真:Getty Images】

フィルミーノが絶妙なボールコントロールでマネのシュートシーンをお膳立て

 イングランド1部リバプールは、現地時間23日に日本代表MF伊東純也の所属するヘンク(ベルギー)と敵地で対戦。イングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが2ゴール、エースのエジプト代表FWモハメド・サラーが1得点1アシストと活躍して4-1の勝利を収めたなか、強力3トップの一角を担うブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが意表を突くテクニックで観る者を魅了した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 前半2分にブラジル代表MFファビーニョのパスからチェンバレンが先制点を挙げると、後半12分にはチェンバレンがペナルティーアーク付近から技ありのアウトサイドキックでミドルをお見舞い。さらに、セネガル代表FWサディオ・マネ、サラーと続き、敵地で4-1とベルギー王者ヘンクを下した。

 3トップで唯一ゴールがなかったフィルミーノだが、前半25分にテクニックで魅せた。右サイドから攻め込んだリバプールは、中央のマネへグラウンダーの鋭いパスが入ると、フィルミーノとのワンツーを選択。しかし、マネのパスがややマイナス気味にズレてしまう。そこでブラジル人アタッカーは、体を捻りながら軸足の左足の裏を通して蹴る“ラボーナ”でスペースに絶妙なパスを繰り出した。マネのシュートが相手GKのファインセーブに遭ったためアシストにはならなかったが、意表を突く美技に敵地もどよめいた。

 英メディア「CaughtOffside」は「フィルミーノのヤバいラボーナパス」と見出しを打ち、「フィルミーノは履歴書に“世紀のアシスト”を刻みかけた。彼はこんな(素晴らしい)プレーができるのに、プレミアリーグのトップ5ストライカーとして評価されないのはなぜなんだ」と称賛。英メディア「Planet Football」も「率直に言って、とんでもないラボーナパス」と伝えている。

 欧州サッカー界きっての“業師”としても知られるフィルミーノ。瞬時の判断と抜群のボールコントロールで、敵地ベルギーのサッカーファンも魅了してみせた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も