“ジーニアス”柿谷曜一朗が復活のゴラッソ! 華麗な“20mダイレクト弾丸ミドル”に反響

札幌戦で決勝ゴールを奪ったセレッソ大阪の元日本代表FW柿谷曜一朗【写真:Getty Images】
札幌戦で決勝ゴールを奪ったセレッソ大阪の元日本代表FW柿谷曜一朗【写真:Getty Images】

札幌戦の豪快に決勝ゴール、第6節川崎戦以来のリーグ戦今季2点目

 セレッソ大阪の元日本代表FW柿谷曜一朗は18日、J1リーグ第29節の北海道コンサドーレ札幌戦に5試合連続の先発出場を果たし、前半6分に豪快なミドルシュートを叩き込み1-0の勝利に導いた。4月5日の第6節川崎フロンターレ戦(1-1)以来、約半年ぶりの復活ゴールが反響を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 アウェーの札幌ドームでの一戦に臨んだ柿谷は、前半6分に輝きを放つ。敵陣中央で縦パスを受けたMF奥埜博亮がワンタッチで右サイドにはたくと、浮いたボールをFWブルーノ・メンデスがヘディングで奥埜に落とす。ペナルティーエリア手前で前を向いて受けた奥埜は、2タッチ目で左にボールを流すと、フリーで待ち構えた柿谷がダイレクトで右足を一閃。ゴールまで約20メートルの距離から放たれた一撃は、緩やかなカーブを描きながらゴール右上に突き刺さった。

 この豪快な一撃をC大阪公式ツイッターやJリーグ公式ツイッターが伝えると、返信欄では「待ってたぞ8番」「まさにスーパーゴール!!」「神か!」「ジーニアス」「えぐいなこれ」「柿谷やっぱ上手いなぁ」など、ファンから様々な反響の声が上がっていた。

 柿谷のリーグ戦で約半年ぶりとなるゴールで札幌に1-0と勝利したC大阪は、暫定で4位に浮上。残り5試合の優勝争い、AFCチャンピオンズリーグ出場権争いに向けて弾みをつけた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  9. 「めちゃかっこいい」 J1鳥栖“限定スニーカー”デザインに絶賛の声、NB社とコラボの1足「配色かわいい」

  10. 「いいなぁこのモデル」 J1鳥栖“限定スニーカー”デザインが話題、NB社製コラボシューズに「配色素晴らしい!」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」