C・ロナウド、驚異の“3連続フェイント”が反響拡大 「すべての魔法を繰り出した」

目にもとまらぬ連続フェイントを披露したロナウド【写真:AP】
目にもとまらぬ連続フェイントを披露したロナウド【写真:AP】

切り返し→ラボーナフェイント→ノールックヒールの連続コンボでダンブロージオを翻弄

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間6日に行われたインテルとの“イタリア・ダービー”にフル出場し、2-1の勝利に貢献した。前半途中には目にもとまらぬ連続フェイントで会場を沸かしたが、「すべての魔法を繰り出した」「拍手を送るための合図を送った」とその反響は拡大している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ユベントスは前半4分、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチの縦パスに抜け出したアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、相手マークに付かれながらも左足を振り抜いてアウェーで先制点を奪った。

 さらに前半9分、最終ラインからのロングボールに抜け出したロナウドが左サイドからカットイン。インテルのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンをあっさりかわすと、シュートコースを塞いで体を張ったオランダ代表DFステファン・デ・フライもフェイントで置き去りにして右足を振り抜く。背後からのイタリア代表MFステファノ・センシのタックルも追いつかないスピードで放たれた強烈なシュートは、惜しくもクロスバーを叩いた。

 ロナウドは同点に追いつかれて迎えた前半41分にディバラとの連係でネットを揺らすも、ディバラがオフサイドだったとしてノーゴール判定。後半35分に途中出場のアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが決勝点をマークしてユベントスが勝利したが、無得点に終わったなかでも34歳のアタッカーは華麗なテクニックで沸かせた。

 前半32分、ペナルティーエリア内でボールを受けたロナウドは、インテルのイタリア代表DFダニーロ・ダンブロージオと対峙。右足アウトサイドで中央に持ち出したところに相手DFディエゴ・ゴディンがカバーに入った瞬間、右足インサイドで切り返して方向転換する。ドリブルから軸足裏を通してキックする“ラボーナ”を繰り出すと見せかけて、そのまま足もとにキープすると、再び中央に持ち出してジャンプしながらのノールックヒールでピャニッチにパスをつないだ。

 中南米をカバーするサッカーメディア「BOLAVIP」は、「フェイント、ラボーナ未遂、空中ヒール…クリスティアーノ・ロナウドはインテルにすべての魔法を繰り出した」と見出しを打ち、「ポルトガルのスターはユベントスの攻撃で才能のすべてを発揮した。ラボーナで魅了し、ヒールで拍手を送るための合図を送った」と称賛。また、ペルーのテレビ局「RPP」も「純粋な高品質! クリスティアーノ・ロナウドはインテルとのダービーで贅沢なプレーを完成させた」と伝えている。

 ゴールにこそ直結しなかったが、ロナウドのテクニックと“魅せる精神”は海外ファンやメディアの目を引くには十分だったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」