モンゴル代表、“国民的英雄”の後押しで力倍増!? 指揮官「やる気が出る」

モンゴル代表のミヒャエル・ワイス監督【写真:河合拓】
モンゴル代表のミヒャエル・ワイス監督【写真:河合拓】

大相撲の元横綱・朝青龍氏が現地で観戦予定

 日本の相手、モンゴルが思わぬ“パワー”を手に入れそうだ。日本代表は10日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選モンゴル戦(埼玉)に臨む。対戦相手のモンゴル代表ミヒャエル・ワイス監督は9日、試合会場で公式会見に出席。試合に大相撲の元横綱・朝青龍氏が来場すると聞いて、「とてもポジティブ」「やる気が出る」と大きな後押しを歓迎した。

 2001年~04年に京都パープルサンガ(当時)でコーチを務め、日本人の妻を持つドイツ人指揮官。日本代表に対しても「深い知識がある」というワイス監督の顔が緩んだのは、国民的英雄の現地観戦を聞いた時だった。元横綱の朝青龍氏が自身の公式ツイッターで「明日、W杯予選、埼玉スタジアムで会いましょう」と投稿。モンゴル代表をスタジアムで後押しすることを宣言した。

「とてもポジティブだと思う。自分たちの存在を見て認めてくれていて、ヨコヅナが応援してくれる、サポートしてくれるのは代表にとって心強いし、素晴らしいパフォーマンスをしようというやる気が出ると思うので、いいことだと思う。」

 モンゴルにとって強敵となる日本。だが、その日本という地で、日本の国技とされる「相撲」において強さを証明した朝青龍氏の“バックアップ”がある。もちろん、日本を熟知する指揮官は準備も万全だ。流暢な日本語で「カンタンニマケタクナイ」と話し、対戦において重要なことを説明した。

「私たちは明日しっかりとしたパフォーマンスを見せること、しっかりと私たちのやり方を見せることが大事。そして多くのことを学んでいきたい。カンタンニマケタクナイケド、モンゴル代表の最も優れたパフォーマンス、長所を生かしていきたい。日本の攻撃的なアクション溢れたプレーに照準を合わせて、メンタルの面でも日本代表に対応する準備はできているので、準備を実践することが大事」

 日本代表には4年前、W杯予選のホーム初戦で“格下”シンガポールに0-0で引き分けた苦い過去がある。今回初対戦のモンゴルは未知で勢いもあるが、全力で向かってくる相手に対してしっかりと戦いたい。

(Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング