南野ボレー弾に「意味深で興味深い笑顔」 クロップの失点リアクションに英メディア脚光

ザルツブルクのMF南野(左)とリバプールのクロップ監督【写真:Getty Images&AP】
ザルツブルクのMF南野(左)とリバプールのクロップ監督【写真:Getty Images&AP】

ザルツブルクが欧州王者リバプールに善戦 失点場面のクロップの笑顔に注目

 ザルツブルクは現地時間2日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節で昨季王者リバプールと対戦し、敵地で3-4と惜敗した。日本代表MF南野拓実は1ゴール1アシストの活躍を披露したが、英メディアは南野がゴールを奪った瞬間に思わず笑みを浮かべたリバプールのユルゲン・クロップ監督の表情にスポットライトを当てている。

 欧州王者リバプールの本拠地アンフィールドに乗り込んだザルツブルクだが、前半9分、25分、36分と立て続けに失点。しかし、前半39分に1点を返して迎えた後半11分、左サイドからのクロスを南野が鮮やかなダイレクトボレーでゴール左に叩き込んだ。リバプールにとっては3点差のリードが一転、1点差まで迫られる緊急事態となった。

 英衛星放送「BTスポーツ」は「2ゴール目を奪われた際のクロップのリアクション」と文章を添え、南野のボレー弾に怒りを抱くはずの状況下で、呆然と苦笑いを浮かべているようにも、エキサイティングな展開を歓迎する不敵な笑みを浮かべているようにも映る表情を浮かべるクロップ監督に脚光を当てていた。

 コメント欄では「彼はサッカーを愛している証だ」「勝利に自信を抱いているからこそだ」「笑ってしまうほどのゴラッソだったのだろう」「意味深で興味深い笑顔」とファンから反響が寄せられていた。後半15分には右サイドを突破した南野がFWエルリング・ブラウト・ホランドの同点弾をアシストしたが、最終的には欧州王者が勝ち切る結果となっている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング