浦和、ACL準決勝・広州恒大戦でFWファブリシオが先制弾 1-0リードのまま後半へ

浦和はファブリシオの先制点で1-0リードのまま後半へ【写真:高橋学】
浦和はファブリシオの先制点で1-0リードのまま後半へ【写真:高橋学】

本拠地で広州恒大を迎え撃った浦和が前半19分に先制弾、ピンチでGK西川が好守

 浦和レッズがアジアの頂点に向け、良い形で初戦の前半を終えた。2日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第1戦でホームに広州恒大(中国)と迎え撃った浦和は、前半19分にFWファブリシオの先制ゴールで1-0とリードしてハーフタイムを迎えた。

 浦和は直近のリーグ戦を欠場したエースFW興梠慎三がスタメンに復帰し、ファブリシオとMF長澤和輝が2トップを組んだ。一方の広州を率いるファビオ・カンナバーロ監督は浦和とマッチアップさせる3バックを選択し、前線にFWエウケソン、MFパウリーニョ、MFアンデルソン・タリスカのトリオを並べた。

 浦和は立ち上がりからボール保持率を高め、主導権を握った。そのなかで前半19分、左サイドのパス交換でMF関根貴大からパスを受けたファブリシオが反転して前を向くと、左45度付近の約25メートルの位置から右足を強振。これがゴール右上に吸い込まれて貴重な先制ゴールになった。

 さらに浦和は同26分に興梠からゴール正面の長澤にパスが通り、さらに相手の背後を取ったMF橋岡大樹にスルーパスが通った。GKと1対1になった橋岡は距離を詰められた中で相手GKをかわしてシュートを狙ったが、必死に戻った相手DFにゴールライン上でクリアされて追加点とはならなかった。

 その後、浦和は同36分にシンプルな縦パスからタリスカに抜け出されるピンチがあったものの、GK西川周作が判断の良い飛び出しでストップ。広州のプレスで自陣に押し込まれる瞬間こそあったものの、全体には主導権を失うことなくゲームを展開し、2点目こそ奪えなかったものの1-0でハーフタイムを迎えた。

 第2戦を見据えればアウェーゴールを避けたい一戦。浦和は広州の強力トリオを抑え込んで第2戦に向けて優位な条件を作り上げたいところだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング