鎌田大地、フランクフルト新攻撃陣での“生きる道” 幻ゴールに見た「トップ下の理想像」

喜びを爆発させるフランクフルトMF鎌田大地【写真:Getty Images】
喜びを爆発させるフランクフルトMF鎌田大地【写真:Getty Images】

ELアーセナル戦、新加入FWシウバ&ドストの後方でプレー 完敗もプレーには手応え

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ初戦となるアーセナル戦で、フランクフルトのアディ・ヒュッター監督は、前線にポルトガル代表FWアンドレ・シウバと元オランダ代表FWバス・ドストという、新加入2選手を初めてスタメンで同時起用した。

 昨シーズン、爆発的な攻撃力を見せていたFWルカ・ヨビッチ(→レアル・マドリード)、FWアンテ・レビッチ(→ACミラン)、FWセバスティアン・アレ(→ウェストハム)のトリオに代わる攻撃の起点、そして得点源として期待されている2人。要所ごとに、才能の片鱗を見せるプレーはあったものの、チームに合流してまだ日が浅いこともあり、本領発揮とまではいっていない。

 ヒュッター監督は、0-3で完敗した19日のEL初戦アーセナル戦後の記者会見で「彼らは移籍市場の最後で加入したため、チームに合流したのが遅かったというのがある。それよりも大事なのは、ゴールチャンスを作り出せているということだ。彼らの得点力に関しては、今後プレー時間を積み重ねて、お互いのプレー感覚が合わさってくれば、徐々に発揮されてくるはずだ。彼らがゴールを決めることができる選手だというのは分かっている」と語った。またクラブの代表取締役であるフレディ・ボビッチ氏も、「もう少し時間は必要だろう。だが、ここからどんどん良くなってくるのは間違いない」と、2人への信頼を口にしている。

 そんなシウバ、ドストとともに、アーセナル戦でトップ下に入り先発した日本代表MF鎌田大地はどうだっただろう。自身のシュートこそ前半25分、右サイド深くに侵入したDFダニー・ダ・コスタからの折り返しを受けて、ダイレクトで合わせた1本のみに終わった。それでも、鎌田のパスからシウバのシュートシーンが生まれたり、CKからのボールをドストがヘディングで合わせたりと、少なからず好機に絡んでいる。

 ゴール前に顔を出し、こぼれ球があと少し転がってくれば……というシーンも何度かあった。試合後、2人とのプレーの感触について聞かれた鎌田は、「悪くないですけど、もっと良くなると思う。シーズンが始まって、選手も全員揃ってまだ間もないので、どこかで上手く噛み合えば、もっと上手くいくと思うし。やり続けていくのが大事かなと思います」と、それなりの手応えを感じていたようだ。

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング