「コパが欧州への扉を開いてくれた」 アントワープ三好、“文化の違い”に挙げた点は?

「時間厳守」の日本に比べ、欧州はそこまで厳しくない違いを笑いを交えて説明

「ヨーロッパ移籍は僕の夢だったけど、オファーが来ないにつれてその機会が来るかどうか疑問に思い始めた。コパ・アメリカが、僕にヨーロッパへの扉を開いてくれたんだ。いつかCLでプレーしたいと思っている」

 記事では、日本とヨーロッパの間で「カルチャーショックはあるか?」と尋ねられ、「日本人は日常生活と職場の両方で時間厳守を非常に重視している。一部のチームメートには、5分遅れて来る勇気がある」と説明。コンゴ民主共和国代表FWディウメルシ・ムボカニが16日の練習に15分遅れで来たことを振られると、「誰かが遅れる時、彼はよくそこにいる」と笑いを誘ったという。

 三好にとっては初の海外挑戦だが、ベルギーの地でのピッチ内外にわたる経験を楽しんでいるようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド