もっと強く、もっと賢く… 南野と伊東、4年半の時を経て交差した「欧州最高峰の洗礼」

CL開幕戦で激突したヘンクMF伊東純也とザルツブルクMF南野拓実【写真:Getty Images】
CL開幕戦で激突したヘンクMF伊東純也とザルツブルクMF南野拓実【写真:Getty Images】

【現地発コラム】CL開幕戦で激突、南野のザルツブルクが伊東のヘンクに6-2と大勝

 日本代表MF伊東純也(ヘンク)にとって、ほろ苦いUEFAチャンピオンズリーグ(CL)デビューとなった。

 現地時間17日の敵地ザルツブルク戦、夢にまで見たはずのCLだったが、「特になんにもない」と答えざるをえないほどの大敗を喫してしまった。2-6。様々な思いを胸に、伊東自身も、チームもこの試合を迎えたはずだった。大舞台であっても「普段と変わらずに入れた」と話していた。

 だが、普通の展開にはならなかった。次から次へとプレスを仕掛けるザルツブルクの襲撃を回避することができずに、ヘンクは何度も何度もピンチを迎えていく。開始2分で失点すると、「最初の1点で、みんなが消極的なプレーになって、という流れだった」と崩れていってしまった。

「自分としても初めて、あんな簡単に失点するというか、こんなに大差で負けたこともなかったですし」

 チーム全体が飲み込まれ、伊東もどうすることもできない。何度か敵陣でボールを奪い返し、そこから攻撃につなげようというシーンもあった。味方からのパスを引き出して、仲間に預けるプレーもいくつかあった。だが、試合の流れを一変させることはできなかった。

「まずポゼッションのところで上手くいってなくて……。攻撃もスムーズにできてなかったなと思います」

 そんななか悔やまれるのは、1-3で迎えた前半43分のシュートシーンだ。右サイド深くまで侵入した右SBからのマイナスの折り返しは、完全にフリーだった伊東のもとへ。だが、右足ダイレクトで放たれたシュートはゴールの枠を越えて飛んでいってしまった。

「あれはチャンスだったので決めなきゃいけなかった」

 逃したチャンスの大きさは、誰よりも本人が一番分かっている。あそこで決めていたら2-3。試合の流れを変えることもできたはずだった。逆にザルツブルクは、直後に2得点を奪って前半だけで1-5に。試合の行方は決まってしまい、伊東はハーフタイムでベンチに下がることになった。「しょうがないかなと。負けてたんで、どっか変えなきゃいけないし」と振り返る。頭では理解できる。でも、なぜそれが自分なのか。納得いくわけはないし、悔しくないはずもない。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング