「ロッカーも綺麗だった」 中島、“翔哉節”でミャンマーに感謝「僕も学ばないと…」

後半、日本を無失点に抑えた相手に…「何人も足をつっていたように全力でやっていた」

 試合終盤には、守備に奮闘した相手選手が何人も足をつった。水分を含んだピッチだからこそ、下半身にかかる負担も大きい。それでも、相手は後半に日本の決定機を何度も防いだ。

「相手もみんなで協力して何人も足をつっていたように全力でやっていた。僕も自分の限界まで力を出すことを学ばないといけないと思ったし、今日も勉強になる試合だった」

 W杯予選であろうが、カタールへの道であろうが中島にとっては関係ない。目の前の1試合に全力を注ぐ姿はミャンマーでも変わらなかった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング