「92mを10秒で…」 C・ロナウド、“時速33.12kmの爆走”に英騒然「マンU時代と同じレベル」

ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

ナポリ戦で今季初ゴールを決めたロナウド、爆発的なスプリントに脚光

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは現地時間8月31日に行われたセリエA第2節ナポリ戦に先発フル出場し、1ゴールを挙げる活躍で4-3の勝利に貢献した。優勝候補同士の壮絶な打ち合いに発展したが、ロナウドがこの試合で披露した爆発的なスピードに英メディアは脚光を当てている。

 昨夏にレアル・マドリードからユベントスに移籍したロナウドは、加入初年度ながら昨季はチーム最多となる21ゴールを記録。大きな重圧を見事に跳ね除け、リーグ8連覇に貢献した。その活躍が認められ、セリエA年間最優秀選手も受賞している。

 今季も絶対的エースとしての活躍が期待されるなか、ナポリ戦で今季初ゴールを決めた。2-0で迎えた後半17分、左サイドを突破したブラジル代表MFドウグラス・コスタのグラウンダーのクロスをロナウドが左足で合わせ、ゴール左隅へと流し込んだ。

 一方、英メディア「スポーツ・バイブル」は「34歳のロナウドが時速33.12キロメートルで、92メートルを10秒で駆け抜けた」と見出しを打って報じ、前半16分にカウンターから先制点を挙げた場面で、自陣ペナルティーエリアから相手ペナルティーエリアまで爆発的なスピードで走り抜けた際、時速33.12kmを記録していたことを紹介している。

 記事では「マンチェスター・ユナイテッド時代に記録していたスピードと同じレベル」と18 歳から24歳まで過ごしたユナイテッド在籍時と同等のスピードを維持できていることを説明し、「信じられないことに、ボックスからボックスまでたった10秒だ」と驚きを隠せない様子だった。

「ロナウドのような爆走のできる34歳を誰か探し出してくれ」と締め括り、ベテランの域に達してもなお、一切の衰えを見せないロナウドに感嘆している。今季こそUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇を成し遂げたいユベントスだが、やはりロナウドの存在が不可欠であることは間違いない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング