「海外組総動員」 日本代表W杯予選メンバーに韓国衝撃「久保抜擢…国内組わずか4人」

代表選出された(左から)FW永井、MF橋本、DF畠中、FW鈴木【写真:浦正弘&Noriko NAGANO】
代表選出された(左から)FW永井、MF橋本、DF畠中、FW鈴木【写真:浦正弘&Noriko NAGANO】

30日に9月シリーズの日本代表メンバー23人を発表、韓国メディアが“構成”に反応

 日本サッカー協会は30日、9月5日のキリンチャレンジカップのパラグアイ戦(鹿嶋)と同10日の2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選ミャンマー戦(ヤンゴン)の日本代表メンバー23名を発表した。そのメンバー構成を受けて「海外組総動員」と衝撃を受けているのが韓国のサッカー専門誌「ベストイレブン」だ。

 9月からカタールW杯アジア2次予選がスタートするなか、森保一監督率いる日本代表は同5日のキリンチャレンジカップ・パラグアイ戦を経て、敵地ミャンマーへ乗り込む。今回発表されたメンバー23人の内訳は海外組が19人、国内組が4人となっており、新天地に移籍したばかりのMF久保建英(マジョルカ)やMF堂安律(PSV)らも招集されている。

 そのなかで「日本代表メンバーを発表……久保抜擢、国内組わずか4人」と伝えたのが韓国のサッカー専門誌「ベストイレブン」だ。記事では「W杯アジア2次予選から海外組を総動員する雰囲気だ。Jリーグでプレーする選手は4人しかいない」と報じている。

「今回のリストでは、最新日本サッカー界で大きな注目を浴びている久保をはじめ、ヨーロッパでプレーする選手たちを総動員した。サラゴサに加入した香川真司などは選外となったものの、招集可能な欧州組をすべて稼働させている形だ」

 そのなかで「森保監督の招集を受けた国内組は4人」とJリーグ組にも触れ、「J1リーグ首位のFC東京でプレーしているMF橋本拳人、ベテランストライカーの永井謙佑、最近日本で注目されているDF畠中槙之輔、北海道コンサドーレ札幌の主砲・鈴木武蔵だけだ」と記している。

 韓国代表は9月5日に国際親善試合でジョージア代表、同10日のカタールW杯アジア2次予選でトルクメニスタン代表と対戦する。今月26日に発表された韓国代表メンバー26人のうち、国内組は10人だった。8割以上が海外組となった今回の日本代表メンバーに韓国メディアも驚きを隠せなかったようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング