鹿島、ACL広州恒大戦は前半0-0で終了 アウェーでペースを握られる苦しい展開に

引き分けで前半を折り返した鹿島アントラーズの大岩監督【写真:Getty Images】
引き分けで前半を折り返した鹿島アントラーズの大岩監督【写真:Getty Images】

強烈シュートを何本も浴びながら、守護神クォン・スンテの冷静な対応で無失点

 アジア連覇を狙う鹿島アントラーズは、28日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦で広州恒大(中国)とのアウェーゲームに臨んで、前半をスコアレスで折り返した。

 鹿島は広州恒大と2017年にラウンド16で敗れて以来の対戦。鹿島は直近のリーグ戦ガンバ大阪戦からスタメンを3人変更して臨んだ。一方の広州恒大では、夏の移籍市場で国内の上海上港から獲得し、中国国籍の取得でも話題を呼んだFWエウケソンがスタメンに起用された。

 立ち上がりから全体にホームの広州がペースを握り、ペナルティーエリアの少し外から強烈なミドルシュートが何度となく浴びせられた。鹿島はGKクォン・スンテの冷静な対応で事なきを得たものの、苦しいゲームを強いられた。一方で、前半23分に鹿島はペナルティーエリア内まで進出し、FWセルジーニョがフリーで左足を振り抜くビッグチャンスを迎えたが、シュートはわずかにゴール右へ外れた。

 双方ともにゴールに迫る場面を作った試合は前半を0-0で終了。鹿島としては第2戦のホームゲームへ向けてアウェーゴールを持ち帰る後半にしたいところだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング