柴崎岳、中軸を担う“司令塔ぶり”をスペイン紙評価 「デポルティボのハンドルを握った」

司令塔ぶりを発揮したデポルティボ・ラ・コルーニャMF柴崎岳【写真:Getty Images】
司令塔ぶりを発揮したデポルティボ・ラ・コルーニャMF柴崎岳【写真:Getty Images】

ボランチとしてパスとドリブルでチャンスメイク リーグ開幕戦勝利に貢献

 スペイン2部デポルティボ・ラ・コルーニャの日本代表MF柴崎岳は、現地時間18日のリーグ開幕節オビエド戦でフル出場し、3-2の勝利に貢献した。先制ゴールの起点になるなど活躍したなかで、スペイン全国紙は「デポルティボのハンドルを握った」と高評価を与えている。

 柴崎は4-2-3-1の2ボランチの一角で先発出場。前半20分、ボールを奪い取った柴崎が起点となって攻撃を展開し、コートジボワール人FWママドゥ・コネの先制ゴールを導き出した。後半はお互いが2点ずつを挙げる打ち合いとなり、柴崎は中盤を落ち着かせる役割を90分間にわたって任された。

 攻守両面での気の利いたプレーぶりに対し、地元メディア「ラボス・デ・ガリシア」は「彼の絶え間ない献身性、そして驚くべきキックから危険なパスを送り込んだ」と評価していたが、スペインの全国スポーツ紙「AS」も柴崎の働きに触れている。

「柴崎はデポルティボのハンドルを握った。日本人はすでにエンジンルームにいる。いくつかのパスミスはあったが、何度もボールを奪い、ドリブルで運んで相手のラインを破った」

 昨季はスペイン1部ヘタフェでリーグ戦7試合0得点と苦しんだ柴崎。2部デポルティボで上々の再出発を切った。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング