香川真司の加入は「インパクトある契約」 サラゴサ地元紙、“昇格の切り札”として期待

香川はサラゴサでの初練習に臨んだ【写真:Getty Images】
香川はサラゴサでの初練習に臨んだ【写真:Getty Images】

念願のスペイン移籍を果たし笑顔で初練習

 日本代表MF香川真司は2019-20シーズン、リーガ・エスパニョーラ2部のレアル・サラゴサへの加入を決断した。自身にとって念願だったと言われるスペインで初めてのプレーとなるが、早速現地メディアからは期待を寄せられているようだ。

 サラゴサの地元紙である「エラルド・デ・アラゴン」は、お膝元のクラブであるレアル・サラゴサの記事も充実しているが、現地時間9日に加入した香川についていち早く報道。その日の練習に参加した様子を「トレーニング前と同じように笑顔を見せていた」と紹介。また、今後の展望についてこのように記している。

「カガワはすでにサラゴサのフットボーラーとして生活している。監督のビクトル・フェルナンデスは土曜日(10日)に行われるトゥデラーノとの親善試合の招集リストに彼を含めていないため、デビューへの準備はできていない。しかし、彼自身は新たなるチームにすでに関わっている」

 また記事では、ドイツ語を話せるスイス人DFシモーネ・グリッポがコミュニケーション相手となっており、トレーニング前にはクラブを訪れたメディアの前で「ここにいられることを幸せに思います。すべてはレアル・サラゴサのために。1部復帰のために僕らは戦っていきます」と、香川がスペイン語で語った様子も紹介されている。

「サラゴサにとってインパクトのある契約」とも表現されている香川の加入。2012-13シーズン以来、リーガ1部の舞台から離れているサラゴサは、昇格の切り札として香川にかける期待は大きいようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング