マラガ岡崎慎司、絶妙な切り返しで相手翻弄 「初アシスト」に海外称賛「素晴らしい」

マラガに新加入したFW岡崎慎司【写真:Malaga CF】
マラガに新加入したFW岡崎慎司【写真:Malaga CF】

メリリャ戦で先発…華麗なプレーで会場を沸かせた岡崎が決勝ゴールをアシスト

 スペイン2部マラガに移籍した日本代表FW岡崎慎司は、現地時間7日にプレシーズンマッチのメリリャ戦で先発出場し、華麗な切り返しで相手を翻弄して決勝点をアシストする活躍を披露した。「岡崎が初アシスト」「素晴らしいプレー」と海外メディアが絶賛している。

 昨季限りでレスター・シティを退団した岡崎は、新天地を模索していたなかで7月30日にスペイン2部マラガへの移籍が決定。昨季2部で3位と昇格プレーオフに進出したチームはあと一歩のところで敗退したが、昇格のキーマンとして日本人ストライカーの獲得に踏み切った。

 そんな岡崎が7日のメリリャ戦で先発出場。決定打を欠いていたチームだが、0-0で迎えた前半16分に岡崎が会場を沸かせる。

 中盤から前線へ縦パスが入り、相手のペナルティーエリア手前でボールを受けた岡崎は、鋭い右足の切り返しで相手を翻弄。左から別の相手が寄せるなか、再び切り返してボールをキープすると、中央でフリーとなっていたFWヒシャム・ブセフィアンへラストパス。余裕をもってボールを受けたブセフィアンが流し込んだ。

 この一撃が決勝弾となりマラガが1-0と勝利したなか、スペイン紙「ElDesmarque」は「日本の岡崎が素晴らしいプレー」と報道。「素晴らしいコントロールを見せた岡崎は、相手数人の間でラストパスを送るためのターンの仕方を知っていた」と流れるようなプレーを称えている。また海外サッカーサイト「BeSoccer」スペイン語版も「岡崎が初アシスト」と伝え、「岡崎の個人技が優れていた」と記している。

 サラリーキャップの違反による影響でマラガなど3チームは一部の選手登録が遅れており、岡崎もその余波を受けているが、新シーズンに向けて日本人ストライカーは存在感を放っている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング