サッカー韓国代表、29年ぶり平壌遠征へ 北朝鮮で初のW杯予選“南北対決”が実現

韓国代表、29年ぶり平壌遠征へ【写真:Getty Images】
韓国代表、29年ぶり平壌遠征へ【写真:Getty Images】

10月15日、韓国が北朝鮮のホーム平壌で激突 1990年の国際親善試合以来の対決

 サッカーの韓国代表が歴史的な遠征に臨むことになりそうだ。2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)2次予選が9月からスタートするなか、「韓国代表チームが29年ぶりに平壌遠征に出る」と韓国紙「韓国日報」などが一斉に報じている。

 韓国はカタールW杯2次予選で北朝鮮、レバノン、トルクメニスタン、スリランカと同居。10月15日の第3戦でアウェーでの北朝鮮戦に臨む。試合は平壌の金日成競技場で開催予定となっており、韓国代表が遠征することが決まった。

 韓国と北朝鮮は、2010年南アフリカW杯3次予選と最終戦で対戦。その時は北朝鮮で試合が開催されず、両方とも中国の上海で試合を実施した。

 平壌で開かれる南北対決は、1990年10月11日に行われた国際親善試合以来、29年ぶり。W杯予選での平壌遠征は今回が初となる。韓国ホームでの北朝鮮戦は2020年6月4日に予定されており、南北対決は大きな注目を集めそうだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング